体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】ピクサー、作品をつなぐ“隠れキャラクター”を明かす映像を公開

ts2
何年もの間、ピクサーのファンは、彼らが最も愛するアニメーション作品の全てが実は繋がっており、同じユニバースを舞台としているのではないかという漠然とした予感を抱いていた。

今やこの有名な “ピクサー・セオリー” は、ピクサーが映画『トイ・ストーリー』のFacebookページに投稿した、“イースター・エッグ” と呼ばれる隠れキャラクター満載の動画の後には、憶測以上のものに思われる。

しかし、一部の観察眼の優れたファンは、これらの粋な参考映像よりも前に多くのことに気づいていただろう。例えば、映画『モンスターズ・インク』に登場するブーのおもちゃコレクションには、映画『トイ・ストーリー2』のジェシーの人形があり、また、映画『ファインディング・ニモ』のニモと気味が悪いほど似たクマノミのぬいぐるみも登場する。その他については、見つけるためにとても入念に調べる必要があるだろう。

例えば、映画『カーズ』に出てくる青い車の1台が、映画『Mr.インクレディブル』の最後の戦闘シーンに登場していることに気づいた人はいるだろうか?多分誰も気づかないだろう。また、映画『ファインディング・ドリー』の水族館のシーンの背景に映る少女が、映画『インサイド・ヘッド』のライリーだと推測した人はいるだろうか?それに気づくのは相当な専門家だろう。

しかし、この動画で明かされる最も衝撃的な事実は、映画『レミーの美味しいレストラン』に登場するドブネズミのレミーが恐れる犬の影が、実は、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』に登場する愛らしくておしゃべりな犬であるということだ。一体どうしたら、ダグを見て怖がったりすることができるのだろう?

ピクサーが送るイースター・エッグ満載の動画はこちら。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。