体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関西風焼穴子と関東風煮穴子が味わえる「箱めし」

1月20日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、江戸時代の浮世絵師2人が描いた大江戸の名所を巡る中で、女優の藤吉久美子さんが「日本橋玉ゐ・日本橋本店」(東京都中央区)を訪れた。同店は日本橋駅から歩いて約2分程の所にある、古き良き昭和の日本家屋を利用した穴子料理専門店だ。

藤吉久美子さんは、江戸前寿司として庶民に愛された穴子を贅沢な食べ方で頂く事に。
最初に炙った穴子が入った「あなご酒」を頂くと、続いてはメインの「箱めし・中箱」。じっくり火を通した香ばしい関西風焼穴子と、オリジナルの醤油ダレを使った少し甘めの関東風煮穴子を秘伝のタレで同時に頂く贅沢な一品だ。まず、関西風焼穴子を一口食べ、「う~ん。美味しい!上品なお味ですね。しっかり歯ごたえがあって、タレが甘すぎなくて好きです」とコメント。そして、関東風煮穴子には「うーん!とろけます!同じお魚でこんなに違うようにできるんですね。上品な、女性的な感じですね!」と絶賛。最後は、昆布、鰹、穴子の骨でとった出汁をかけて「出汁茶漬け」にすると、「消えて無くなるくらいとろとろです!出汁にも穴子が入ってて、うまく合ってますね。美味しい!」と江戸の味を堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:日本橋 玉ゐ 本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:日本橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:日本橋×和食のお店一覧
季節のフルーツが入った「オムライスビーフシチューかけ」
シャンパンのためのギョウザを楽しめる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。