体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャンパンのためのギョウザを楽しめる店

1月22日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系、午前09時54分~)では、今女性たちの間でトレンドとなっている餃子とシャンパンを特集する。餃子に深い思い入れのあるモデルのアンミカさんが、東京メトロ虎ノ門駅から徒歩5分にある「スタンドシャン食-Tokyo・新橋虎ノ門-Champagne&GYOZA・BAR(スタンドシャンショクトウキョウシンバシトラノモンシャンパンアンドギョウザバー)」(東京都港区)を訪れた。

こちらの店はその名の通り、餃子とシャンパンのお店。餃子のあんには新鮮なキャベツや玉ねぎ、きのこ、豚肉を使用し、シャンパンに合うように特別な味付けをされているという。アンミカさんが頂くのは「シャン食ギョウザ」と、それに合わせるシャンパン「ポメリー・ブリュット・ロワイヤル」。ギョウザには黒トリュフのオリーブオイルとヒマラヤ岩塩をかけて頂くのがお店のイチオシという事だが、果たしてシャンパンとの相性は如何に。ギョウザを一口頂き、更にシャンパンを流し込むアンミカさん。「幸せ~。」「合います。凄く合います!これからブームになるわ!もうなってる?」とコメント。更にトッピングで「フレッシュトリュフ」の摺り下ろしをたっぷり加えて、香り高さを楽しむ事も出来るという。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:スタンドシャン食(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:新橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:新橋×中華のお店一覧
季節のフルーツが入った「オムライスビーフシチューかけ」
シャンパンのためのギョウザを楽しめる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。