体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遊佐の味が詰まったカレー「遊佐カレー」

1月22日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」(TBS系、午後18時30分~)では、清流の里である山形・遊佐町を舞台に「せっかく来たなら食べた方がいい」絶品グルメを探索、バナナマンの日村勇紀さんが「とりみ亭」(山形県飽海郡遊佐町)を訪れた。

同店は三元豚を使用した「とんかつ定食」(1200円/税込み)や、遊佐の野菜を豊富に使った「トンタン麺」(830円/税込み)など、地産の食材を使った料理が味わえるレストラン。ここで日村勇紀さんが味わうのは「遊佐カレー」(750円/税込み)だ。
町おこしのために作られたというこのカレーは、遊佐名物のパプリカが入ったルーに、地産の野菜や魚介類のトッピング、さらにはライスも地元産の遊佐米を使ったまさに「遊佐の味」が楽しめる一皿。
「いただきます!」とスプーンを手にとった日村勇紀さんは、「いや、もう…すげぇうめえじゃん」とまず一言。つづいて「甘いカレーです。ばっちり。野菜カレーなんだ、つまり無農薬の。これマジで、何杯でも食えるわ」と絶賛。ぱくぱくとスプーンを進め、「美味しかった。ありがとうございます」と満足げな言葉とともに見事完食した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:とりみ亭(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:酒田・遊佐のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:酒田・遊佐×その他の料理のお店一覧
季節のフルーツが入った「オムライスビーフシチューかけ」
シャンパンのためのギョウザを楽しめる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。