体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絵画を再現したミラノの郷土料理

1月21日放送の「Eネ!」(テレビ東京系、午前05時45分~)では、1月28日から公開される映画「レオナルド・ダ・ヴィンチ・美と知の迷宮」について特集した中で、「OSTERIA・dieci(オステリアディエチ)」(東京都港区)を紹介した。

同店は麻布十番にあるイタリアンレストラン。
映画の公開にあわせて用意された特別コースメニューとして、絵画「最後の晩餐」の食卓を再現した「ミラノ郷土料理コース」(6000円/税込み)が紹介された。突き出しには絵画に描かれている鰻を使った料理をモチーフにした「ウナギの酢漬けオレンジ風味焼きポレンタ添え」を、前菜には「コラーゲンと白インゲンのサラダ」を、プリモピアットにはチーズをたっぷりと使った「ミラノ風サフランリゾット」、そしてセコンドピアットに「骨付き厚切りカツレツ」と全4品で構成されている。このコース料理に合わせた3種類のワインも店側から提案される他、上述した映画の半券を持参すればデザートもしくは食後酒がサービスされる。同メニューは1月28日からの提供との事だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:OSTERIA dieci (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:麻布十番のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:イタリアン・フレンチのお店紹介
ぐるなび検索:麻布十番×イタリアン・フレンチのお店一覧
季節のフルーツが入った「オムライスビーフシチューかけ」
シャンパンのためのギョウザを楽しめる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。