体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版「駅すぱあと」がv3.5にアップデート、タブバーの導入や再検索ボタンのFAB化などユーザーリクエストの多い変更を実施

ヴァル研究所は 1 月 23 日、乗換案内サービス「駅すぱあと」の Android 版を v3.5 にアップデートし、ユーザーからの要望の多かった新機能を追加しました。v3.5 では新たに下タブから「経路検索」、「路線図」、「時刻表」を実行できるタブバーが追加され、片手で操作している間でも素早く項目を切り替えることができるようになりました。また、経路検索結果の一覧画面の「再検索ボタン」が Material Design 定番のフローティングアクションボタン形式の変更。画面右下の時計アイコンが新しい「再検索ボタン」となっています。FAB ボタンは画面の同じ場所に常時表示されるので、従来よりも利用しやすくなっています。「駅すぱあと」(Google Play)

■関連記事
LineageOSの公開がスタート、Nexus 5X / 6P、Nextbit Robin用が公開済み
Sony、Androidに提供していたニュースアプリ「News Suite」のiOS版をリリース
スマモバ、シャープの「AQUOS SH-M04」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。