体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水曜日のカンパネラ、シンガポールで開催「Laneway Festival」に日本のアーティストとして初出演

水曜日のカンパネラ、シンガポールで開催「Laneway Festival」に日本のアーティストとして初出演

©Alvin Ho Laneway Festival Singapore
3月8日に初の武道館公演を控える水曜日のカンパネラが、シンガポールで行われた「Laneway Festival Singapore 2017」へ出演した。

Lanewayは、2005年にオーストラリアのメルボルンでスタートしたイベントで、これまでにオーストラリア、ニュージーランドやシンガポールなどの7都市の会場で開催。シンガポールでは国内最大級となるライブフェスで1月21日「Laneway Festival Singapore 2017」として開催され、日本のアーティストとして水曜日のカンパネラが初出演となった。

1曲目「ラー」のイントロが流れると、客席エリア後方に設置された脚立の上にコムアイが登場。「ハロー! シンガポール!」の掛け声と共に「ラー」を唄い始めると、まさかステージではなく客席から登場したコムアイに観客は度肝を抜かれ、脚立の周りは一瞬で人だかりとなった。曲の途中で、横にした脚立にコムアイがまたがると即席のお神輿が完成。神輿に乗り客席を移動するその奇抜なパフォーマンスに他のエリアにいた観客も次第にステージに集結。観客は「Oh my God!」や「Amazing!」とリアクションしながら脚立の上で踊るコムアイをしきりにスマホで撮影していた。

「シャクシャイン」に続いて3曲目「雪男イエティ」では、赤道付近のこの地に雪男2体が登場。巨大風船や踊りで観客を煽り盛り上げた。

「ウランちゃん」に続く「ユタ」ではそれまでの好天が一遍し、雨が降り出してしまう。しかし、このLaneway Festivalは入場の際に観客にレインコートを配っていたり不安定な気候の土地柄に合わせたスタイルで開催されているフェスで、観客も雨が降り出しても意に介さずレインコートを取り出し思い思いに楽しんでいた。奇しくも「ユタ」は“雨乞いの唄”ということもあり神秘的な偶然を生んでいた。

次は、19日にミュージック・ビデオも公開され早くも15万再生を突破した「一休さん」を披露。MCで振りの練習を始める。サビの「一休さん ありがとサンキュー」というメロディーに合わせて、「ワン、ナイン、スリー」と1,9,3を指で表し「みんな一緒に踊ってね!」と呼びかけると、観客も一体となって“193ダンス”を踊っていた。

©Alvin Ho Laneway Festival Singapore
「桃太郎」では、お馴染みとなったウォーターボールのパフォーマンスを披露。コムアイが入ったウォーターボールが客席に転がると歓声が起こり、皆写真を撮ったり駆け寄ったり思い思いに楽しんでいた。その奇抜で今まで一度も見たことが無いようなユニークなパフォーマンスは、シンガポールの観客に強い驚きと興奮を与えていた。

©Lionel Boon Laneway Festival Singapore
「Lanewayフェスティバル、ありがとう!来年も来たいですね、また会いましょう!」と呼びかけ、45分に渡る初シンガポールライブは大歓声の中、幕を閉じた。

「Laneway Festival Singapore 2017」セットリスト
M1. ラー
M2. シャクシャイン
M3. 雪男イエティ
M4. ウランちゃん
M5. ユタ
M6. 一休さん
M7. 桃太郎

関連リンク

水曜日のカンパネラ オフィシャルサイトhttp://www.wed-camp.com/
水曜日のカンパネラ Twitterhttps://twitter.com/wed_camp

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。