体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BREAKERZ 10番勝負公演開幕、初日はGRANRODEOと対バン

BREAKERZ 10番勝負公演開幕、初日はGRANRODEOと対バン

2017年7月にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが、1月21日のZepp NambaでGRANRODEOとの対バンライブを皮切りに、「BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS-」をスタートした。

GRANRODEOは「SEED BLASTER」からスタートし、「ボルケーノ」「Darlin’」と盛り上がる曲で場内を熱くする。

「BREAKERZ、対バン10番勝負、ツアーの第一号に選ばれました、GRANRODEOです!!今日は名前だけでも覚えて帰って下さい!!これがGRANRODEOにとっても2017年初めてのライブになりますので、この機会を設けてくれたBREAKERZに感謝したいと思います!ヴォーカルのKISHOWです!!」

「BREAKERZ、10周年おめでとうございます!第1弾に呼んでいただいて光栄に思っています!BREAKERZの皆さん、BREAKERZのファンの皆さん、ありがとうございます!!ギターのe-ZUKAです!!」と挨拶。

「我々は2015年に10周年を迎えて、BREAKERZは今年の7月に10周年ということで、自身も通ってきた道ではありますので、非常に感慨深く、心から沸き上がる何かを噛み締めた思い出がありますから、その一発目、良いスタートが切れるように努めたいと思いますので、皆様も最後まで盛り上がって行ってちょうだい!!」と自身も迎えた“10周年”という重みを感じつつ、場内を煽るKISHOW。

GRANRODEOの代表曲「Can Do」から最新シングル「少年の果て」、ライブにもふさわしい疾走感のある「modern strange cowboy」、ラストは「Infinite Love」で締めくくった。

MCではDAIGOがGRANRODEOにオファーした経緯や印象を話し、「俺的に言うと、OOM!!大阪、思いっきり、盛り上がって行こうぜ!!」とDAI語で煽る。

さらに、事前リハーサルでGRANRODEOの曲を演奏することもあってとDAIGOが話すと客席からは「やって!!」と声が上がり、「Can Do」をBREAKERZでワンコーラス演奏して、ロデオボーイ、ロデオガールも喜ぶ一幕もあった。

ともに熱い“バトル”を繰り広げた、GRANRODEOとBREAKERZ。自然とあふれるアンコールの声援の中、両バンドがステージに登場し、この日限りのセッションを披露。

BREAKERZの「CLIMBER×CLIMBER」では、AKIHIDE、SHINPEI、e-ZUKAによる“ギターバトル”を展開。それぞれの個性やテクニックが飛び交うプレイに場内はヒートアップ。さらに、GRANRODEOの「The Other self」ではKISHOWとDAIGOによるツインヴォーカルで場内のボルテージは最高潮に。

1stバトルは熱い戦いにて幕を閉じ、さらに次に続く、SKY-HIとの“バトル”も期待せずにはいられないライブイベントとなった。

Photographer:山下桂子

関連リンク

BREAKERZ OFFICIAL WEBSITEhttp://breakerz-web.net/
BREAKERZ 10th Anniversary Special Sitehttp://breakerz-web.net/special/10th/-vs-.html
BREAKERZ Official Twitter@BRZofficial0725

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。