体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「セイコーマート」は酒飲みにとって最強のコンビニチェーンかもしれない【道民御用達】

f:id:Meshi2_IB:20161229101201j:plain

札幌に旅行に行った時、「セイコーマート」というコンビニエンスストアをたくさん見かけた。北海道内では圧倒的なシェアを誇るチェーンだという。

一見すると一般的なコンビニなのだが、じっくりと棚を見ていくと自社ブランドの商品が多数あるのに気がつく。

北海道産の牛乳やメロンを使用したアイスや、カップ麺、スナック菓子、お茶、ジュース、アルコール類に至るまで、「Secoma」というブランドロゴの入ったものが並ぶ。どれも安い。

また、惣菜類がやたら充実している。北海道名物のザンギや、焼き鳥、パスタ類、煮物などなど幅広く、これらも「セイコーマート」のオリジナル商品である。

最近でこそコンビニやスーパーのオリジナルブランド商品を多く見かけるようになってきたが、この「セイコーマート」ほど気合の入った商品棚は見たことがない。「セイコーマート」のリテールブランド(オリジナルブランド)商品の多彩さについてはこちらのページをぜひ見てみてください。オリジナル商品の数は約1,000種類にもなるんだとか。

私は「セイコーマート」のオリジナル商品を買いあさり、札幌のホテルの部屋に戻って食べまくって思った。

こんなコンビニが近所にないなんて悔しい!

旅から戻って調べてみると、「セイコーマート」は北海道内だけでなく、埼玉県と茨城県にも複数の店舗が存在することを知った。私は大阪に住んでいるが、東京に出かけた時に少し足を伸ばせば「セイコーマート」に行けると分かり胸がおどった。

前置きが長くなったが、今回は「セイコーマート」のオリジナル商品をおつまみにしてお酒を飲んでみようという企画である。やってみたところ、「セイコーマート」のことがますます好きになり、近所にないことがますます悲しくなった。

埼玉の「セイコーマート」へ

f:id:Meshi2_IB:20161229100846j:plain

“セイコーマート飲み”を楽しみにやってきたのは「セイコーマート さいたま今羽店」。大宮駅から「埼玉新都市交通ニューシャトル」という路線に乗り換え、約10分で「今羽駅」に着いた。そこから徒歩5分ほどで「さいたま今羽店」に到着。

f:id:Meshi2_IB:20161229101019j:plain

久々に会えたこの鳥のマーク。うれしい。

店内には、以前札幌の店舗で見たのと同様、オリジナルブランドの商品がずらりと並ぶ。

f:id:Meshi2_IB:20170104104826j:plain

特に圧巻なのはオリジナル惣菜が多数揃う惣菜コーナーや、

f:id:Meshi2_IB:20170104104833j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。