体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メアリー・J、スティング、ジャミロクワイ…続々と来日決定、エド・シーランが日米チャートで首位獲得:今週の洋楽まとめニュース

メアリー・J、スティング、ジャミロクワイ…続々と来日決定、エド・シーランが日米チャートで首位獲得:今週の洋楽まとめニュース

 今週の洋楽まとめニュースは、続々と決定している来日公演のまとめから。2017年3月に日本デビューを控えるショーン・メンデスが、【ポップスプリング2017】に出演することが決定。4月には、”クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”ことメアリー・J.ブライジが6年ぶりに来日し、東京・大阪合わせて3公演を行う。そしてメアリー・Jの東京公演1日目に東京ドームでは、コールドプレイが来日公演を行うことが決定しており、ゲストアクトとしてRADWIMPSが出演すると発表された。更に、5月には【SUMMER SONIC 2012】以来5年ぶりとなるジャミロクワイの来日が決定、6月にはスティングが東京、大阪で来日公演を行うことになっており、今後も来日情報から目が離せない。

メアリー・J.ブライジ、6年ぶりの来日公演が決定
スティングが6月に来日決定
コールドプレイの東京ドーム公演にRADWIMPSの出演決定
ジャミロクワイ、5月に東京国際フォーラムで来日公演
2作連続全米1位のショーン・メンデス、【ポップスプリング2017】出演

 続いては、映画の話題を。90年代ポップ・カルチャーの代名詞で社会現象まで引き起こした映画『トレインスポッティング』の続編『T2 トレインスポッティング』が2017年4月8日に日本公開されることが明らかになった。映画では、主演のユアン・マクレガーをはじめ、監督のダニー・ボイル、脚本のジョン・ホッジとオリジナルのスタッフとキャストが再集結する。一方、アメリカでは、故2パック(トゥパック・シャクール)の伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』が長い紆余曲折を経てようやく公開される目処がたったようだ。本作は、生きていれば46歳になっていた2パックの誕生日にあたる2017年6月16日に全米で公開される。

『T2 トレインスポッティング』の日本公開が2017年4月に決定
故2パックの伝記映画、2017年6月に全米公開

 さて、今週の米ビルボード・ソング・チャートは、エド・シーランの新曲、「シェイプ・オブ・ユー」が、No.1デビューを果たした。2017年1月6日に、新曲を2曲同時リリースした、イギリス出身のシンガーソングライター、エド・シーラン。その内の1曲、「シェイプ・オブ・ユー」は首位に、そして「キャッスル・オン・ザ・ヒル」が6位に、それぞれ初登場し、2曲同時のTOP10入りを果たした。Hot100史上、同ア―ティストによる初登場曲が、2曲同時にTOP10入りするのは初めてのことで、エド・シーランにとっても、シングル曲がNo.1を獲得するのは初の快挙となる。

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが自身初の1位を記録、2曲同時にTOP10初登場のチャート史上初快挙
長い充電期間を経てリリースされたエド・シーランの新曲、その評価は?(Song Review)

 更に、今週のBillboard JAPAN洋楽チャートでも、エド・シーランの新曲「シェイプ・オブ・ユー」が初登場1位を記録した。2位に300ポイント近く差をつけ、初の首位を記録した「シェイプ・オブ・ユー」は、デジタル・セールスでは洋楽勢断トツの1位、その他指標でも順調に推移しており、ラジオでのエアプレイがさらに過熱し、ミュージック・ビデオが公開されれば、今後も上位にずっとランクインし続けるだろう。11週目にわたり首位をマークしていたブルーノ・マーズの「24K・マジック」は今週4位という結果となったが、緊急プロモ来日効果で来週TOP3に返り咲く可能性は大いにあり得るだろう。

【ビルボード】エド・シーラン、待望の新曲が洋楽チャート初登場1位に

 そして、今週の米ビルボード・アルバム・チャートは、ザ・ウィークエンドの新作『スターボーイ』が、通算3週目の首位獲得を果たした。2016年11月25日に発売された『スターボーイ』は、No.1デビューを果たし、一旦ランクダウンしたが、先週、再び首位に返り咲き、2週連続のNo.1を死守した。2位には、『ラ・ラ・ランド』のサントラ盤がチャートイン。2017年1月8日に開催された【第74回ゴールデン・グローブ賞】の影響がチャートに反映し、先週の15位から2位へ浮上、最高位を更新した。本作は、【英国アカデミー賞 2017】で最多11部門にノミネートされ、【第89回アカデミー賞】でも、有力候補作品として挙げられているため、今後さらに売上が伸びることが予想される。

【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが首位キープ、『ラ・ラ・ランド』サントラが2位に急上昇

今週のその他の注目ニュース

ポール・マッカートニー、ビートルズ時代の楽曲の権利を取り戻す裁判を起こす
ビヨンセ、ワシントン女性行進への賛同を表明
リンゴ・スター、トランプ就任式に合わせ“国際平和デー”に公開した新曲を無料DL化
【第59回グラミー賞】、メタリカやジョン・レジェンドのパフォーマンスが決定
セリーヌ・ディオン、実写版『美女と野獣』でオリジナル曲を歌うことが明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。