体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『1月22日はなんの日?』命がけで“ジョーカー”に挑んだ実力派俳優、ヒース・レジャーの命日

 1月22日はオーストラリア出身の映画俳優、ヒース・レジャーの命日。1999年にラブコメ映画『恋のからさわぎ』でハリウッドデビュー、『ブロークバック・マウンテン』(2005年)で一躍若手トップ俳優の一人となったレジャーの、あまりにも突然すぎる死から9年が過ぎた。

 28歳という若さでこの世を去ったレジャーにとって、生前に公開された最後の映画となったのが、ボブ・ディランの半生を描いた『アイム・ノット・ゼア』(2007年)。同作において、レジャーはディランを演じる6人の俳優のうちの1人として出演している。また、レジャーの死後に公開されたバットマン・シリーズ『ダークナイト』(2008年)では、かつてジャック・ニコルソンが演じた宿敵ジョーカー役の演技が評価され、アカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞 助演男優賞、英国アカデミー賞助演男優賞などの賞レースを総なめにした。

 レジャーはジョーカーを演じるにあたり、ロンドンのホテルに一か月以上こもり、徹底的に狂気の犯罪者像を作り上げたとのこと。レジャーが命がけで挑んだジョーカーは、昨年、映画『スーサイド・スクワッド』で復活。三代目となるジョーカーは、サーティー・セカンズ・トゥー・マーズのボーカリストとしての活動でも知られ、レジャーと同じくアカデミー助演男優賞も受賞している実力派俳優ジャレット・レトが演じた。

関連記事リンク(外部サイト)

毎日映画コンク-ル、大賞は『シン・ゴジラ』 アニメ-ション映画も健闘
映画『タンジェリン』に使用されている“トラップミュージック”とは? サウンドクラウドで出会う未知数の音楽たち
ジュリアン・ムーアら出演映画『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 』音楽担当のアダム・ホロヴィッツからコメントが到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。