体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症寸前の老人がナチスに復讐!? その方法とは?『手紙は憶えている』BD&DVD発売決定!

『スウィート ヒアアフター』などの名匠アトム・エゴヤン監督が、『人生はビギナーズ』で史上最高齢でのアカデミー賞助演男優賞に輝いたクリストファー・プラマーとタッグ! 本作で脚本家デビューを果たしたベンジャミン・オーガストによる、ホロコーストを斬新なアプローチで描いたストーリーも話題の本格サスペンス『手紙は憶えている』。そのBlu-ray、DVDが2017年5月3日(水)に発売されます!

一通の手紙を頼りに、70年前に家族を殺したナチスを探す復讐の旅へ出ることになる主人公ゼヴ(クリストファー・プラマー)。認知症の瀬戸際にいる彼が、目覚める度に失う記憶をたぐりよせつつ進む復讐劇は、予想だにしない驚愕の結末へと向かっていきます。次々に起こる予測不可能な展開が謎を加速し、やがて明らかになる衝撃の内容が劇場公開時にも話題を呼びました。

tegami_main.jpg

ベンジャミン・オーガストによる脚本は、自身も脚本を書くアトム・エゴヤン監督に「完膚なきまでに独創的なストーリー」と言わしめたといいます。監督自身もその物語を見事に映像化しています。

***

『手紙は憶えている』
Blu-ray & DVD 5月3日(水)発売!

Blu-ray ¥4,700+税
DVD ¥3,800+税
収録時間:本編95分+特典映像

【映像特典】(予定)
日本版予告編
【初回限定封入特典】(予定)
特製リーフレット
※商品仕様・収録内容や特典名称は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

監督:アトム・エゴヤン
脚本:ベンジャミン・オーガスト
出演:クリストファー・プラマー、マーティン・ランドー、ヘンリー・ツェニー、ディーン・ノリス、ブルーノ・ガンツ ほか

映画公式サイト:http://remember.asmik-ace.co.jp

発売元:アスミック・エース
販売元:ポニーキャニオン

(c) 2014,Remember Productions Inc.

■関連記事
イエジー・スコリモフスキ監督『イレブン・ミニッツ』BD&DVD発売決定
クロード・ルルーシュ監督の大人のロードムービー『アンナとアントワーヌ』BD&DVDが来年3月発売だそうです!
南米のゴッドファーザーと呼ばれた男。パブロ・エスコバルがヤバイ!

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。