体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MacBookの機能をブーストする多機能ケース!USB-A、microHDMI端子、予備バッテリーなどを搭載

BoostAppleの12インチMacBookユーザーに耳寄り情報だ。軽量で高性能の最新MacBookだが、唯一の難点はUSB Type C端子しかない点。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中の「Boost」というMacBook専用ケースは、本体を保護するだけでなく、予備バッテリーになったり、さまざまな機能拡張が可能な便利ツールである。

・予備バッテリーで、iPhoneなど他デバイスの充電も

Boost3堅くて丈夫なケースは本体を衝撃から保護。厚さはわずか1.96センチメートルほどで、邪魔にならない。

3300mAhのバッテリーが2つも内蔵されていて、ラップトップのバッテリー寿命を拡張してくれる。

これは他デバイスの充電用にも使えるので、これまでUSB-AとLightningケーブルを接続する手段がなかったiPhone所有者ならかなり便利に思うはず。

・USB-A、オーディオ端子などを搭載

Boost2microHDMI端子、SIM・SDカードスロット、オーディオジャックのほか、USB-Aポートが2つ(USB 2.0、USB 3.0が1つずつ)を搭載。

SDカードスロットは“見えないように”内部に隠されて配置されているので、万一、持ち歩きの際にカードを挿しっぱなしにしてしまったとき、カードや本体にダメージを与える心配もない。

・ケース自体の充電はUSB-Cポート接続で

ケースや本体を充電したいときは、普通にUSB-Cポートで接続して充電すれば大丈夫だ。ケースは2015、2016版両方に対応している。

MacBookユーザー必見の多機能ケースは3月7日まで出資を受付しており、すでに目標金額1万5000ドル(約170万円)を超える1万8000ドル(約205万円)以上の資金を集めている。

Boost

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。