体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

参加するだけマシ? 「可愛いとこ取り・一貫性なし」… 夫の育児にモヤッとした瞬間

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私から見た夫の「育児」についてお話ししたいと思います。

夫は元々が子供好きなのもあって育児にとても協力的ですし、私に対してもとても気を使ってくれている「良い夫・父親」です。

そんな夫ではありますが、最近私が「ん?」と思うような出来事がいくつかありました。

まず娘が1歳を過ぎたあたりから「しつけ」というほどではないですが、言い聞かせる場面が増えました。

私としてはまずは「食べ物を粗末にしない・人を傷付けない」という譲れない点を決めて、それに関してのみ娘を叱っていました。

しかし夫はと言うと、どうも自分の都合にいいように叱っているんじゃないかと思える場面があります。

具体的に言うと、食事が終わった後、私が食器を洗っていると夫が手伝いに来てくれるんですが、その間は娘を椅子に座らせたまま、娘が立ち上がろうとすると危ないからとしかりつけます。

だったら床に降ろして遊ばせておけばいいのに…。そもそも、もう椅子に座らせておく必要ないよね?と思いながらも、夫が「座りなさい」と言うと素直に座る娘を楽しそうに見てるので、今のところですが特に口に出してはいません。

また夏が終わり朝晩が涼しくなってきた時、夫は異常なまでに娘の足が冷えるのを心配していました。

私は寝かしつけの時に娘が足に毛布があると嫌がるし、寝た後も温めすぎて寝苦しくなるよりは、とタオルケットをお腹にかけるだけにしたのですが、夜帰ってきた夫が娘の寝姿を見に行き、足が冷えていると「足すっごい冷えてたんだけど?」と私を責めてきます。

そのくせ、ある日のお出かけ前、娘は靴下を嫌がるので直前に履かせようと思いながらも先に車を開けに行くと、裸足の娘を抱えた夫が後を追いかけてきました。

びっくりした私が「靴履かせないで来たの!?」と言うと「言われてない」と逆切れする始末…。普段あんなに足冷えを気にしているのは一体どこの誰だったんだ、と唖然としました。 関連記事:かわいい子には靴下を履かせるな?裸足信者の母と真冬に大げんか、娘は風邪…

極めつけは、夫はスマホゲームや本を一度読み始めると周りが見えなくなってしまうのですが、以前私がお風呂に入っている間に、娘がおしりふきを出しまくるというあるあるないたずらをしていて、その間夫は何をしていたかと言えば、スマホに夢中になっていました。

私が怒って「こんな状態になるまでほっとかれた娘がかわいそう!」と言ったらそれに対する言葉がなんと「だって仕方ないじゃん」でした。

あきれてものも言えませんでした。

私だって娘を前にスマホを弄ったり本を読むことはありますが、いたずらに気が付かないほど集中することはありません。

極端かとは思いますが、万が一おしりふきを口に含んで窒息しかけていても夫はスマホに夢中になっていたんでしょうか?

子供が静かにしている時は何かしでかしている。というネタみたいな時もありますが、命がかかわる事がないわけではありません。

私はそんな気持ちでいつも娘の事を気にかけているのに、どうして夫はそこまで考えがいたらないのか…と深刻に悩む時もあります。

最近では、夫は娘の「可愛さ」に興味があるのであって「成長・育児」には興味がないんじゃないかなと思えてしまうこともあります。

そんな育児に関するギャップを今後どう埋めていくかが、夫婦として家族としての課題なんではないかと思う反面、このまま娘が成長したら「パパ嫌い!」になるのは間違いない気がして、言われてショックを受けて後悔する姿を見るのもちょっとした報いになるかな…と、こっそりひっそり思っているのはここだけの内緒です。 関連記事:思春期真っ只中でも父が大好き!そうなるための秘訣、立役者である母の凄さ by チカ母

著者:nanana

東京生まれ青森育ちの私と旦那は宮城出身、娘は高知生まれの香川育ちというとんでもない(というか面倒くさい)経歴を持つ一家ですが、マイペースにのんびり子育てしてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

寝る間もなく家事育児に追われる私に夫が言い放った、信じられない一言!
妻の里帰り中にリバウンドする旦那
うまくいかなかった国際結婚。実家が大好きすぎる夫に父親の自覚を持ってほしかった…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。