体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本では売っていない、マカオで手に入れたいとっておきのお土産5選

マカオで思う存分楽しんだ後はお土産を買わなくちゃ! でもマカオらしいお土産って何?
今回は実際に買ってよかったマカオのオススメお土産をご紹介します。

飾っておきたい!パッケージがお洒落な缶詰め専門店

日本では売っていないマカオで手に入れたいお土産5選
1997年までポルトガルに統治されてきたマカオは、今もポルトガルの文化を色濃く残しています。観光の拠点となるセナド広場から徒歩3分ほどのところにある「ロージャ・ダシュ・コンセルヴァシュ」は、ポルトガルの首都リスボンに本店を置く缶詰専門店。ポルトガル製のイワシやマグロなどの缶詰300点を販売しています。

日本では売っていないマカオで手に入れたいお土産5選
味はオリーブオイル漬けが主流ですが、トマトやガーリックなど様々な味付けされたものもあります。パッケージがどれもお洒落で、中身よりも見た目で選びたくなります。

【ロージャ・ダシュ・コンセルヴァシュ Loja Das Conservas】
住所:新填巷9號 (新馬路と福隆新街の間)
営業時間:11:00〜20:00 (金・土は19:00閉店)

(次のページに続く)

マカオのパンダグッズ

日本では売っていないマカオで手に入れたいお土産5選
マカオで密かな人気を集めているのが石排灣郊野公園内にあるマカオ・ジャイアントパンダ・パビリオン。見物客が少ないのでほぼ独占状態で見学できる上に、パンダがとってもアクティブで見ているだけで癒されます。2016年6月には双子が誕生。お披露目は2017年1月とのことです。

日本では売っていないマカオで手に入れたいお土産5選
ギフトショップで販売しているオリジナルのパンダグッズ。よーく見るとヒップな感じで値段もリーズナブル。キャップや小銭入れ、鉛筆、ノートなど、大人から子供まで幅広く喜ばれそう。

住所: 路環石排灣郊野公園內
開館時間: 10:00~13:00、14:00~17:00

パッケージを開けると華やかな香りに癒される

日本では売っていないマカオで手に入れたいお土産5選
ラザロ地区にある「仁慈堂婆仔屋(アルベルゲSCM)」という一画で、ポルトガル雑貨や食品を販売している「メルカリア・ポルトゲーザ」。小さな店内に所狭しと可愛いポルトガル調のお土産が並んでいます。

日本では売っていないマカオで手に入れたいお土産5選
中でもクラウス・ポルトの伝統的なハンドメイド石けんは、華やかな香りとヴィンテージ感あふれるパッケージが魅力的。ひとつでも十分に存在感を感じる品です。

【メルカリア・ポルトゲーザ Mercearia Portuguesa】
住所:瘋堂斜巻8
営業時間:13:00 – 21:00(土・日は12:00開店)

(次のページに続く)

マカエンセの伝統クッキー

日本では売っていないマカオで手に入れたいお土産5選
マカエンセはポルトガルの血を引くマカオ人のこと。そんな人々が愛する焼き菓子。お店の奥で製造して、焼きあがったそばから店頭に並べているので、お店はいつも甘い香りが漂い幸せ気分になります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。