体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「知らねえよ。覚えてねえよ。殺すぞ!」って言われて………

今回お話を伺ったのは、サンミュージック所属のお笑いコンビ「第2PK」のひろみさん。若かりし頃におっかなびっくりで竹下通りを歩いたことがある、かつてはいたいけな少年だった一部の読者は、きっと、ひろみさんと似たような経験をしたことがある筈だ。優しそうな黒人のキャッチが獣に変わる瞬間とは………!?

SONY DSC

ーーー竹下通りの黒人に死刑宣告をされたことがあるそうですね?

 

僕が20歳の頃の話なのですが、お兄ちゃんからおさがりで貰った「エイプ」っていうゴリラのマークが入っているブランドの洋服を着てまして、その時は、ゴリラの絵がバンッと前面に描いてあるTシャツを着て竹下通りを歩いていたんです。

 

そしたら、竹下通りをちょうど半分ぐらい行ったところで、黒人のキャッチみたいなひとたちに声を掛けられたんですよ。黒人の方たちは「エイプとかを着てる人に声を掛ける」っていうのは結構有名な話らしいんですけども、僕は全然知らなくて、「声かけられたなあ」と思って「すいません」って逃げるのもあれだったんで、お店まで付いて行ったんですよ。けど、お店には誰も人いなくて、なのに、どんどん奥に連れてかれて、店内の服とかは何見ても全部何万円とか結構高くて、僕は逃げるようにして、「あの、すいません………じゃあ、チラシだけ貰って行きますわ」って言ってお店を出たんです。その日は、それからも特に何もなく「怖かったなあ」と思いながら帰りました。

それで、その1年後にまた同じ服を着て竹下通りを歩いてたら、黒人の方にまた声を掛けられまして、「ああ、まただ」と思って、でも、2回目だったんで怯えることもなく、しっかりと目を見て喋ってたら、僕、あることに気付いたんです。

 

あれ、この人、1年前に声かけてきた黒人の方だ!」と思って、「あ!あのさ、1年前にも声掛けたよね?俺に。覚えてない?」って言ったら、めちゃくちゃ流暢な日本語で、「知らねえよ。覚えてねえよ。殺すぞ!」って言われて。それで、もう「あ、すいません」って、お店に連れて行かれることもなく、あっち行けって追い払われて………

 

ーーーキャッチに「来るな」と言われた?
 

はい。
それで、その日はもうその辺に近付けなかったですね。

 

ーーー2回来たら困るんですかね?
 

どうだろう。
多分、びっくりしたんですかねえ。

 

それで、もう本当に「竹下通りをエイプで歩くのはやめよう」って思って、その服も後輩にあげちゃいましたね。めちゃめちゃ怖い思いをしたから。

 

ーーー「殺すぞ」ですもんね。それも屈強な黒人に言われるなんて。
 

結構ムキムキの黒人の方だったんで。

 

周りの黒人の方も、その光景を見て「何なら加勢するぞ」くらいの感じでこっちを睨んでたんで「これヤバいやつだ」って思いましたね。性能的に日本人では勝てない部分があるんで、そそくさと竹下通りを通り過ぎて。

 

ーーー生命の危機ですもんね。
 

そうですね。
そこから竹下通りには2年ぐらい行かなかったですね。怖かったんで。

 

ーーー普通に生きてたら、中々言われないですよね。

 

日本で商売されてる黒人の方って、結構笑顔で商売されてて、優しいっていうイメージがあるじゃないですか。初めて、真剣に「殺すぞ」って言ってる目を見て、衝撃が走りましたね。本当に死を覚悟しました。

 

ーーー怖かったですか?
 

めちゃくちゃ怖かったですね。

SONY DSC

今後は知ってても、知ってるって言わずに、初対面のふりをします。

 

ーーーありがとうございました。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。