体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】映画『ローガン』、ヒュー・ジャックマンとミュータントの少女が絆を結ぶ最終トレーラーが公開

logan

米20世紀FOXが、映画『ローガン』の最終トレーラーを公開した。トレーラーの中でヒュー・ジャックマンは、世の中に嫌気がさしたウルヴァリンとして、ミュータントの少女が逃亡するのを手助けしている。

ジャックマン演じる年老いたウルヴァリンは、パトリック・スチュワート演じる病を抱えたチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)と共に国境の町に潜伏している。強大な力を持つ少女ローラは、何者かに追いかけられるうちにウルヴァリンと生活を共にするようになる。ダフネ・キーンがローラを演じ、彼女の初登場シーンは、ジム・クロウチの楽曲『アイ・ゴット・ア・ネーム(I Got a Name)』が流れるコンビニエンスストアの店内だ。

トレーラーには、ローラとウルヴァリンが彼らを執拗に追いかける相手と対決し、2人が結束していく過程での数多くの暴力的なシーンが含まれている。「ローラはまるで君のようだ。本当にそっくりだ」と、スチュワートはしかめ面で言う。

同作で同シリーズ9作目となるウルヴァリンを演じるジャックマンは、スチュワートに、誰かがローラの面倒をみるために現れるだろうと告げる。「誰かが現れる」と、スチュワートが応える。

『ローガン』は、リチャード・E・グラント、ボイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャント、エリック・ラ・サール、エリゼ・ニール、エリザベス・ロドリゲスが出演する。ジェームズ・マンゴールドが監督を務め、マイケル・グリーン、スコット・フランクが、デヴィッド・ジェームズ・ケリーとマンゴールド監督による原作をもとに脚本を執筆した。ハッチ・パーカー、サイモン・キンバーグ、ローレン・シュラー・ドナーがプロデュースを手掛ける。

『ローガン』は、3月3日に米劇場公開となる。

トレーラーはこちら。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。