体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野食ハンマープライス・茸本朗氏が教える「絶対ハズさないキノコごはん」レシピ

f:id:Meshi2_Writer:20161207140427j:plain

キノコたっぷり、炊き込みごはん

炊飯器を開けたときの香り、たまらないですよね! みなさんはどう作っていますか? 「キノコと調味料を炊飯器に入れて炊き込む」、これがシンプルかつ一般的なやりかたと思われます。

しかし!!

「このやりかたでは、キノコの魅力を最大限に活かしきれていないッ!」と語るのが今日の水先案内人、茸本朗(たけもとあきら)さん。

企業で働くかたわら、野食家として山に海に川に、そして都会内に生えるあらゆるものを食べて調理しまくっている人なんです。『メシ通』では、以前にこんな企画で登場していただきました。

茸本さんがとりわけ情熱をもやす食材が、キノコ。

自身が主宰するサイト「野食ハンマープライス」は月間70万PVを記録する人気ブログですが、キノコ採り・キノコ調理の記事がわんさか載っています。

この間なんか日本の山でトリュフを見つけてきちゃったほど。

f:id:Meshi2_Writer:20161219104736j:plain

さて、そんな茸本さんに今回は「ひと味違う、キノコごはんの作り方」を教えてもらいますよ。調理法はいたってシンプル、料理ビギナーの人にもおすすめです。

教える人:茸本朗(たけもとあきら)

茸本朗

幼少時より、キノコを中心に山菜、魚介類に異常なほどの興味を示す。中学・高校時代には「きのこ同好会」の設立に尽力し、週末ごとに採取してきたキノコを寮内で調理・試食するなどして「変人」という周囲の評価を決定的なものにした。4年前より「野食ハンマープライス」の更新を開始、普段食材として顧みられることの少ない生き物たちを捕獲して食し、レポートしている。

キノコ料理には油分が重要

茸本さん、「炊飯器でキノコとごはんを炊く」のでは、その魅力を活かしきれてないとのご意見でしたがどういうことなんでしょう?

まず、キノコのうま味、そして香りは油との相性がいいんです。親油性が高いので、油で加熱することでこれらの要素が出やすい。完全な油溶性というわけではないんですよ。ただ水で煮ると、それらを引き出すのに時間がかかってしまうんです。

一般的な白米の炊き上げ時間では、うま味と香りが出し切れないということでしょうか?

はい。キノコを存分に味わうためには、脂分と一緒に加熱してから調理したほうがいいんです。

なるほど。ではキノコの炊き込みごはんも、使用するキノコを炒めてからごはんと炊いたほうがいいということですか?

いえ、私が提案するキノコごはんは、炊き込まずに炒めて混ぜ込むスタイルです。このほうが、よりキノコのうま味と香りを楽しめるんです。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。