体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人はアメリカンジョークを言わない方がいい?

日本人はアメリカンジョークを言わない方がいい?
J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。1月22日(日)のオンエアは、神奈川大学教授の大島希巳江さんに、世界のユーモアの違いや、ユーモアのセンスの磨き方を教えていただきました。

■「日本人がジョークを言う」ということが海外ではウケているよう…

大島さんは、異文化コミュニケーションと社会言語学が専門で、落語家が海外で英語で公演をする際には、英語の指導にも携わっています。落語のユーモアを外国の人に伝えるのは大変そうですが、大島さんによると、そうでもないそうです。

「実は、外国の方には古典的な落語の方がウケが良いんです。古典落語は昔は2000くらいあって、今も300ぐらいの噺(はなし)が残っています。つまり、400年前の人も、現代人も、どんな人も面白いと思ったものが残っているんです。文化が違っても、人間の本質を突いている噺が多いのではないかと思います」(大島さん、以下同)

外国人から見ると、日本人はジョークを言わないイメージがあるらしく、落語を「sit down comedy」と説明すると「日本にもコメディがあるの?」という反応をされてしまうことがあるとか。さらに大島さんによると、日本人は親しくなってからジョークを言うようになりますが、海外では初対面の人との緊張感を解く一つの手段としてジョークが使われるとのことでした。

そんな大島さんは、外国人の前でジョークを言うときに心がけていることがあるそうです。

「日本人がアメリカンジョークを言ったところで『よく頑張って喋っている』という程度に見られてしまいます。それよりも、日本にまつわるジョークを言うのが一番ウケますよ」とのことでした。また、国によってジョークの雰囲気も違うようで、アメリカとイギリスに住んでいたことのあるレイチェルは、「イギリスはブラックジョークが多くて、同じ英語圏なのに、アメリカとは笑いのツボが違うんです」と話していました。

■「タイタニックジョーク」ならどんな国でも通用する?

また、さまざまな国の人の特性を分かりやすく表現した「タイタニックジョーク」も教えていただきました。豪華客船が沈みかけてしまい、さまざまな国のお客さんを海に飛び込まさせないといけない場合、どのようにして声をかけたら飛び込んでくれるか、というものです。

アメリカ人 飛び込めば、ヒーローになれる!
イギリス人 飛び込まないと、ジェントルマンとは言えないですよ!
ドイツ人 これは命令です!
イタリア人 美女が溺れてますよ!
日本人 みなさん、飛び込んでらっしゃいますよ!

と、これにはレイチェルも思わず笑っていました。

外国人との距離を縮めるためにも、ユーモアのセンスを得たいところですが、そのセンスは先天的なものというイメージがあります。ところが、大島さんによると、あとから身に付けることができるそうです。

「例えば、黄色いボールの『黄色』を、『黄色』と言わずに表現するとします。初めはひよこの色と言ったりしますが、8個めくらいから変な表現が出てユーモラスになってくるんです。ユーモアの定義は、常識から外れることなんです」

こうしたことからユーモアを磨くことができるそうです。「一緒に笑うのは、仲良くなるための近道」と、大島さん。みなさんもぜひチャレンジしてみては?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SMILE ON SUNDAY」
放送日時:毎週日曜 9時−13時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。