体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版「CPU-Z」がSnapdragon 821やHelio X23 / X25 / X27などをサポート

PC やスマートフォンのデバイス情報を確認できる「CPU-Z」の Android 版が久々にアップデートされ、新しいプロセッサへの対応を拡大しました。v1.22 では、最近増えてきた Snapdragon 821 や Snapdragon 430 / 435 のほか、MediaTek X23 / X25 / X27、そして、Huawei Mate 9 の HiSilicon Kirin 960 をサポートしました。この中でも Snapdragon 821 と Helio X23 / X25 / X27 のサポートは重要です。それは、Snapdragon 821 と Snapdragon 820。また、Helio X20 と Helio X23 / X25 / X27 は基本仕様が共通なので古いプロセッサなのか、新しいプロセッサなのか区別しづらいからです。今回のアップデートによってプロセッサ名が表示されるので、ひと目でどちらなのかを把握できます。「CPU-Z」(Google Play)

■関連記事
スマートフォンでインターネットを利用する人の割合が2016年にノートPCを上回る
Sony Mobile、Xperia Z4 TabletのAndroid 7.0 Nougatアップデート開始を発表、Xperia Z5の配信停止について「問題は修正済み」と回答
Android版「LINE Music」がv3.0にバージョンアップ、アプリのUIが刷新されレコメンド機能などコンテンツも拡充

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。