体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマートフォンでインターネットを利用する人の割合が2016年にノートPCを上回る

ジャストシステムが 1 月 19 日に公開した2016 年(年間)の「モバイル & ソーシャルメディア月次定点調査」で、スマートフォンを利用してインターネットにアクセスする人の割合がノートPC を上回り、フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット、ノート PC、デスクトップ PC(+ その他)の中で最もよく利用されていることが分かりました。2016 年 1 月の時点でスマートフォンの利用者は 59.1%。一方、ノート PC の利用者は 63.4% でした。それが一年経過した 2016 年 12 月の段階でスマートフォンは 72.0% に増え、PC は 52.8% に減少しました(選択肢は複数回答なので合計すると 100% を超えます)。年初時点でノート PC はトップでしたが、1 年間でその座をスマートフォンが奪った格好となります(厳密には 2016 年 5 月から上回っています)。こうなったのは単なるスマートフォンユーザーの増加だけではなく、スマートフォンで事足りる状況が進んだ結果だと見られます。大きな要因としては、端末の高性能化、利便性の向上、画面サイズの拡大、LTE などの高速インターネット環境の普及も挙げられますが、おそらく、アプリやサービスがスマートフォンへの対応を改善したのが一番大きいと見られます。なお、本調査レポートでは 365 ページにわたり上記以外の様々な調査結果も収録しています。Source : Marketing Research

■関連記事
Android版「CPU-Z」がSnapdragon 821やHelio X23 / X25 / X27などをサポート
Sony Mobile、Xperia Z4 TabletのAndroid 7.0 Nougatアップデート開始を発表、Xperia Z5の配信停止について「問題は修正済み」と回答
Android版「LINE Music」がv3.0にバージョンアップ、アプリのUIが刷新されレコメンド機能などコンテンツも拡充

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。