体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカの女性作家エリザベス・ペイトン、原美術館にて初個展を開催

01232
(c) Elizabeth Peyton, courtesy Sadie Coles HQ, London, Gladstone Gallery, New York and Brussels, neugerriemschneider, Berlin「Kurt Sleeping」1995 板に油彩 27.9×35.6 cm

アメリカの女性作家エリザベス・ペイトンによる展覧会『エリザベス ペイトン:Still life 静/生』が、品川・原美術館にて開催される。会期は、2017年1月21日から5月7日まで。

90年代半ば、ミュージシャンや歴史上の人物、恋人や愛犬など、自身にとって“憧れ”の存在や“美”を描いた肖像画が、時代に新風をもたらす“新しい具象画”と称されたアメリカの女性作家、エリザベス・ペイトン。近年では、街の風景や静物、オペラからインスピレーションを得た作品なども多く手掛けている。

日本の美術館での初個展となる本展では、作家自身が25年のキャリアを振り返って選んだ作品約40点を展示。多岐にわたるジャンルと主題を擁する重要な作品群を通して、ペイトンの25年の軌跡を一望出来る貴重な機会となっている。

透明感のある特有の色彩、素早くも繊細な線によって、対象をただならぬ美しさを湛える存在に変貌させる彼女の絵画を鑑賞できる本展を見逃せない。

「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」
会場:原美術館
住所:東京都品川区北品川4-7-25
会期:17年1月21日~5月7日
時間:11:00~17:00(祝日を除く水曜日は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,100円、高大生700円、小中生500円 ※原美術館メンバーや学期中の土曜日は小中高生も無料
休館日:月曜日(3月20日は開館)、3月21日

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。