体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メルカリの取締役が語る「成功の秘訣」

メルカリの取締役が語る「成功の秘訣」
J-WAVEで放送中の番組「RAKUMACHI BIZ8」(ナビゲーター:青木裕子)。1月21日(土)のオンエアでは、今や知らない人はいないというくらいのフリマアプリ「メルカリ」を運営する、株式会社メルカリ取締役の小泉文明さんをゲストにお迎えしました。

「メルカリ」の成功の秘訣はどこにあるのでしょうか?

「理由は大きく二つあるかなと思っていまして、一つはおそらく『使いやすさ』です。スマートフォンでアプリを提供しているので、今までのPCの時代ですとなかなか取っ付き辛かった人たち、主婦や若い女の子が手軽に利用できた。そしてそれに合わせてテレビCMなどのプロモーションをかなり大々的にやっています」と小泉さん。「いいアプリケーションといいプロモーション」の成果なのですね!

「メルカリ」という名前も非常に覚えやすいですよね。実はインターネットサービスで流行っているものの名称には、「4文字以内」「小さい文字や音引きを使っている」という共通点があるそうです。

また、間にメルカリが入っているものの、利用者同士ではトラブルももちろん起こりえます。それを避けるために、購入者と出品者、相互に「良い」「悪い」といった評価を付けられる機能が付いています。さらに、購入したあとでも、商品が届いたときに「OKボタン」を最終的に押さない限り、出品者にお金が入らない仕組みになっているので、「買った商品と違うものが届いた」、「配送中に破損していた」などの場合はキャンセルができ、返金してもらえるとのこと。そういった「安心システム」も人気の秘密なのでしょうね。

小泉さんはそんなメルカリに、どんな将来性や可能性を感じているのでしょうか。「実は、環境省のデータを見ると、家の中の6割から7割の物が非稼働なんですね」と小泉さん。ある人にとっては使う価値がなくなってしまったものでも、ある人にとっては価値があるかもしれません。今まではそれをリサイクルショップで売るか、捨てていたと思うのですが、メルカリのような手軽なサービスがあることで、「誰もがいらなくなったものをなくし、それを必要としている人の元へ届ける」という部分に、小泉さんは大きな可能性と社会的意義を感じているそうです。

家の中で使っていないものが半分以上もあるとは、驚きですね。みなさんも家の物を改めて見直してみてはいかがでしょうか。メルカリで出品すれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎになるかも!?

番組ではこのほか、小泉さんの「ターニングポイント」となったタイミングなどのパーソナルな部分や、今後考えている新たなビジネスプランについてもお話していただきました。ビジネスマンにとってとても参考になりそうな、小泉さんの視点やアンテナの張り方がわかるオンエアとなりました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RAKUMACHI BIZ8」
放送日時:毎週土曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/biz8/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。