体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ベースを始めたきっかけ」が意外すぎる!

「ベースを始めたきっかけ」が意外すぎる!
J-WAVEで放送中の番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。1月21日(土)のオンエアでは、ベーシストであり、プロデューサー・アレンジャーでもある吉田建さんをお招きしました。

吉田さんがベースを弾きはじめたのは、大学2年生のときのこと。それまでは「聴く専門」で、高校の頃はジャズ喫茶に入り浸り、レコード屋さんをまわったりしていたそうです。「ジャズを3年間聴いたおかげで知らないレコードをかけられても、『このピアノは誰だ』とか『このベースは誰だ』とかけっこう当てられるようになったくらい」と吉田さん。

そんなあるとき、ラジオから「マイ・ファニー・バレンタイン」というジャズのスタンダードバラードが流れてきたそうで、トロンボーンソロを演奏していたのが誰だがわからなかったとか。演奏が終わると、大橋巨泉さんが登場して「早稲田大学のオーケストラ」と紹介。そのことに吉田さんは驚いたそうです。

これを機に、早稲田大学に入学することを決意し、入学後にジャズをはじめたとのこと。そして2年生になり…「お前は背が高いから」と、強制的にギターからベースへ転向させられたのだとか!「まったく音楽的じゃない理由(笑)」と吉田さんが話すように、クリスも「背がでかいからベース弾けってスゲエな、はじめて聞いた!」と驚きを隠せない様子。しかし当時のスタンダップ・ベースは、実際に背が低い人には難しかった、ということもあったそうです。「消極的な理由でベースやってんの。それが生業になろうとは思ってなかったんですよ」と当時を振り返る吉田さんでした。

それからの吉田さんもプロになろうという気持ちはなく、外務省に入ることを目指して勉強していたそう。しかし、当時「大学のパーティーにポップシンガーをゲストに招いて、学生バンドがバックバンドをする」というコンサートがよくあったそうで、そこでとあるシンガーに「君、ベースすっごいうまいね。プロになりなよ」と言われたことで、いつの間にかプロとして活動していたそうです。

吉田さんの意外な経歴に、クリスは何度も驚いていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAPPORO BEER OTOAJITO」
放送日時:毎週土曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。