体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“心地良い”コミュニケーションのための「聴き方」のコツ

コミュニケーションに関するビジネス本を約20冊も出されている、 コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第5回目は「聴き方のコツ」について、具体的な方法を伝授していただきます。 f:id:asukodaiary:20170119124118j:plain

「話をするのが苦手なんです。特に上司とか、初対面の人とは、何を話したらいいかわからないんです」

こんな悩みを相談されることがよくあります。

話すのが苦手な理由は、ただ一つ、「聴き方が分からない」からだと私は考えます。

話を聴けないから、会話が成り立たないのです。

相手が興味を持っている内容を話さないと、会話が盛り上がりません。

相手が盛り上がっていないように見えると、よけいに萎縮してしまって、何を話せばいいのか分からなくなります。

ますます話すことに対して、苦手意識を感じてしまいます。

それもこれも、相手がどんな話題に興味があるかを聴き出す力が足りないだけなのです。

まずは実力チェック。「ゴルフに行ったんですよ」に、どう返す?

それほど親しくない関係の人と、雑談をしていると想像してみてください。

相手がこんなことを言いました。

「昨日、ゴルフに行ってきたんですよ」

あなたは、どんなリアクションをしますか?以下から選んでみてください。

① 「へえー、どこのゴルフ場に行ったんですか?」

② 「へえー、スコアはいくつでした?」

③ 「へえー、ゴルフが好きなんですね。私も月1回は行ってますよ!」

④ 「へえー、昨日は天気が悪かったから、大変だったでしょう?」

⑤ 「へえー、ゴルフに?」

いかがでしたか?

意外かもしれませんが、私が考えるベストの返しは⑤ 「へえー、ゴルフに?」です。

理由は後ほどご説明するとして、まずはほかの選択肢を解説していきましょう。

①、②を選んだ人

一見印象が良く見えますが、⑤に比べて、質問内容が“相手より自分”の興味関心に寄ってしまっています。

その質問は、相手が話したい内容かどうかはお構いなし。自分の興味や好奇心を満たすために、聞きたいことだけ聞いてしまう傾向にあり、相手との気持ちに「ズレ」が生じてしまいがちです。

③を選んだ人

“話ドロボウ”の典型的なタイプです。

「へえー、ゴルフが好きなんですね。私も月1回は行ってますよ!クラブを最近買いましてね。そういえば、○○カントリークラブに行ったことはあります?というのは…」

相手にしてみれば、あなたがゴルフに行っている回数や新しいクラブの話など、興味がないかもしれません。

「相手が何を話したいか」という観点が抜けてしまっています。

でもこのように、他人の話を奪いとって自分の話をし続ける人は、実はとても多いのです。

④を選んだ人

相手が話したことから話の先を決めつけ、早合点して思い込みを作り、それを押し付けてしまうタイプです。

「え?あの天気が悪い中、昨日ゴルフをやったって?ということは、天気が悪かったから、プレーがとても大変だったという話をしたいに違いない!」と、先回りしすぎて、人の話を聴けないせっかちな人もかなり多いです。

コミュニケーション上手な人は、こう答える

f:id:asukodaiary:20170119124148j:plain

先ほど、⑤がベストだとお伝えしました。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。