体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】ウィンドウ・ディスプレイは私の天職!夢を叶えに来たニューヨーク

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
(C) Sara Aoyama

ニューヨークは、夢を現実に叶える街。アメリカンドリームを目指す人が、エネルギーを発する街。

今回インタビューさせていただいたのは、「ウィンドウの仕事は私の天職」と自信を持って言い切る杉本恵巳氏。日本でウィンドウ・デコレーターとして活躍され、その後渡仏してパリに2年間滞在。現在は2年前にやってきたニューヨークで、世界一流のウィンドウを手がけることを目指しています。

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本恵巳氏のインスタグラム 杉本氏作品  (C)instagram/emi_pepegreen

杉本氏プロフィール

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
(C) Sara Aoyama

杉本恵巳氏プロフィール

■広島生まれ。
■コムデギャルソン(comme des garcons)で働いていたことをきっかけに、デコレーターとしてスタート。
■ディスプレイを学ぶため、3年間プロのデコレーターに師事。
■東京へ移転。
■パリに2年間滞在。
■ニューヨークへ渡米、現在に至る。

(次のページに続く)

ディスプレイをしている時は、楽しくてしょうがない

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本恵巳氏のインスタグラム 杉本氏作品 (C)instagram/emi_pepegreen

●ウィンドウ・ディスプレイとは具体的に何ですか?

ウィンドウ・ディスプレイは、消費者と商品をつなぐ夢の扉です。商品の魅力を表現することにより、消費者がガラス越しに商品の世界に入り込み、ワクワクする気持ちになること。お買い物はやはり夢で、楽しくなきゃいけません。

●ウィンドウ・ディスプレイの仕事が天職の理由を教えてください。

大好きだからですかねー。ディスプレイしている時は、楽しくてしょうがない。

●どういったきっかけでこの仕事に入りましたか?

スタートはファッション系でした。コムデギャルソン(comme des garcons)が大好きで販売員をしていましたが、店長にディスプレイする仕事があると聞き、そっちがやりたいなあと興味を持ちました。

●どうやって、ディスプレイのノウハウを学びましたか?

師と仰ぐ人について、3年間勉強しました。

最終電車まで仕事をしたことも

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本恵巳氏のインスタグラム 杉本氏作品 (C)instagram/emi_pepegreen

●仕事の大変な点を聞かせてください。

大変な点は体力です。ディスプレイの作業をするのは営業終了後で、徹夜になることも。最終電車まで仕事をして、早朝にまた続きをすることもありましたよ。

●日本ではどういったディスプレイを手がけましたか?

デパートは、松屋銀座、銀座三越、西武ほか。カタログ撮影用には、オンワード樫山などです。日本では弟子が二人いました。

ニューヨークを選んだ理由

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
Bergdorf Goodman Holiday Window 2013
(C)Hideyuki Tatebayashi

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。