体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音声ベースのGoogleアシスタントは既に日本語対応済み、特殊な方法で有効にできる模様

Google の AI アシスタント機能「Google アシスタント」は Allo 以外では日本語に対応していませんが、実際には日本語に対応であることが読者さんからの情報提供で分かりました。Google アシスタントには Allo 内で利用できるチャットベースのものとホームボタンの長押しや OK, Google で起動する音声ベースのものがあり、前者には日本語に対応していますが、後者は未対応で、しかも、まだ Google Pixel / Pixel XL でしか利用できません。日本で Google Pixel は発売されていないので、現状、日本ではどの機種も Google アシスタントを利用できないのですが、Google アシスタントを強制的に有効にする Xposed モジュール「Xposed『Assistant Enabler」を利用した場合、上図のように日本語設定でも質問を受け答えする AI が起動したというのです。これを見て Google Pixel でも日本語で利用できるのか確認したところ、Xposed モジュールを利用した場合とは異なり、ホームボタンを長押ししても従来の「画面検索」が表示されるだけで、Google アシスタントは利用できませんでした。しかし、Google の内部では日本語への対応を進めていることが分かりました。Google Pixel ではまだ利用できませんでしたが、Google アプリからアクセスできる Google アシスタントの設定メニューは日本語設定でも表示されほか、ニックネームのテスト再生が日本語に変わっていました。以前はこの設定メニューにすらアクセスできなかったので、Pixel でも変化は見られます。R.O さん、情報提供ありがとうございます。

■関連記事
Snapdragon 835を搭載した謎のNokia端末がベンチマークサイトで発見される
Vine、2013年からのVinesを検索できるアーカイブサイトをオープン
デタッチャブルタイプのChromebook “Poppy”の噂

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。