体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Snapdragon 835を搭載した謎のNokia端末がベンチマークサイトで発見される

ベンチマークアプリ GFX Bench の公式サイトに Nokia ブランドの 18.4 インチタブレットではないかと予想される謎の端末のスペック情報が掲載されていました。正体不明の 18.4 インチ端末は、Foxconn がビルドした「FIH Edition」ファームウェアを搭載ししています。Foxconn は Nokia ブランドのスマートフォンを製造しており、先週末に発売された「Nokia 6」も「FIH Edition」のファームウェアを搭載しています。そのため、Nokia ブランドのタブレットになる可能性があると見られているのです。この 18.4 インチ端末は非常に高いスペックを備えているのが特徴で、ディスプレイは 18.4 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルで、プロセッサには Snapdragon 835 を使用しています。また、RAM は 4GB、ROM は 64GB、前後に 1,200 万画素のカメラを搭載しています。18.4 インチというディスプレイサイズやタブレットなのに前面に 1,200 万画素という高い画素数のカメラを搭載しているところは若干不可解なのですが、外部モニタに接続してテストしたのであれば実際にはスマートフォンである可能性があります。Source : GFX Bench

■関連記事
音声ベースのGoogleアシスタントは既に日本語対応済み、特殊な方法で有効にできる模様
Vine、2013年からのVinesを検索できるアーカイブサイトをオープン
デタッチャブルタイプのChromebook “Poppy”の噂

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。