体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大岡山の絶品ドイツパンにスタジオ絶賛!

大岡山の絶品ドイツパンにスタジオ絶賛!
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「HAPPY SATURDAY BAKERY」。1月20日(土)のオンエアでは、大岡山にある、ドイツ仕込みのパンが人気の「ベッカライ・ヒンメル」を紹介しました。

店名の「ヒンメル」はドイツ語で「空、天国」という意味だそうで、お店の外観も空のような鮮やかなブルーが基調となっています。スタジオには、オーナーシェフの金長暢之さんが登場しました。金長さんは、もともとドイツパンが好きで、ドイツのデュッセルドルフで2年間修行されました。ドイツに渡った当時は、ドイツ語も分からず、住むところも決まっておらず、修行先も決まっていない状態だったそうです。しかも、既に結婚していたため、奥様も一緒にドイツに行かれたそうで、渡辺も山田も驚いていました。

はじめに紹介したパンは、定番の「プレッツェル」(160円)と、ドイツ北西部の食べられているドーナツの「クラプフェン」(170円)。「プレッツェル」は「食べ応えがあって、美味しい!」と渡辺。見た目もおしゃれです。

「クラプフェン」はラムレーズンが練りこんである生地に、砂糖がまぶされてあります。山田は、一口食べた瞬間に「外はパリパリで、中はしっとりで、めちゃくちゃ美味しい!」 と絶賛。渡辺も「これは止まらなくなる」と言っていました。サイズが大きいのも嬉しいところです。

続いて「板チョコとミルククリーム」(210円)、「ピーナッツとミルククリーム」(210円)を紹介しました。「板チョコとミルククリーム」は、柔らかめのフランスパンから棒状の板チョコがはみ出すほどです。「ピーナッツとミルククリーム」は、ビターな味わいが大人向けということで好評でした。お店のホームページも可愛いので、ぜひチェックしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。