体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秘境と呼ばれる場所や温泉も?シチリア島の魅力と訪問すべき観光地は?

Photo Credit:Yuichi Kudo「陽気な南欧を満喫 南イタリアとシチリア島の旅 シチリア島ぐるっと周遊」

Photo Credit:Yuichi Kudo「陽気な南欧を満喫 南イタリアとシチリア島の旅 シチリア島ぐるっと周遊

こんにちは。Compathy Magazineライターyuichiです。
皆さん、シチリア島はご存じですか? イタリア半島の南にある美しい島です。イタリア本土と比べると治安もよく長閑でのんびりした時間を過ごすことができます。

真っ青の海とビーチが多くあり、たくさんの観光客がバカンスで訪れる地でもあります。リゾート地としても印象が強いシチリア島ですが、実は歴史的にもとても貴重なところなんです。

地中海のほぼ中央に浮かぶシチリア島は、3000年の昔から数多くの文明が交錯してきました。東から来て島の礎を築いたギリシャ人、北から来たローマ人、南から来たイスラム教徒、西から来たノルマン人やスペイン人など、文字通り「文明の十字路」として数多くの人々が行き交ってきたのです。

シチリア島中に点在する歴史遺産を訪問する旅はとても面白いですよ! 今回はおすすめのシチリア島の町を3か所紹介します。

アグリジェント

シチリア島の南部に広がる海岸線のほぼ中央部に位置するのが、アグリジェントの町です。古代の詩人ピンダロスは「人間が住む都市の内、最も美しい都市」とまで形容しました。

上記の写真は世界遺産に登録されている神殿の谷です。ほぼ完全な状態で見ることができるコンコルディア神殿はまさに圧巻。主神ゼウスの妻に捧げられたヘラ神殿、ドーリア様式の柱が聳え立つヘラクレス神殿など、広大な領域に多数の神殿が残り、当時の栄華を今日に伝えています。

特におすすめは、夜にライトアップした神殿を見に行くことです。とても幻想的ですよ!

Yuichi Kudo「陽気な南欧を満喫 南イタリアとシチリア島の旅 シチリア島ぐるっと周遊

タオルミーナ

Photo Credit:Yuri Kuranari「友達の家をめぐる旅〜イタリア編〜」

Photo Credit:Yuri Kuranari「友達の家をめぐる旅〜イタリア編〜
次はエトナ山を望むリゾートタオルミーナの町を紹介します。富士山のような美しい円錐形をしたエトナ山は標高は現在3326m。しかし活火山であるため、その高さは度々変動します。

タオルミナからエトナ山を望むと、山頂付近にうっすらと火が見えたり、噴煙が空に薄くたなびくのが見えることがあります。かつてギリシャ人はそれは鍛冶の神の炉であると考えていました。

おすすめの観光地はローマ時代の円形競技場。エトナ山を背景に広がる巨大な競技場は圧巻です。

町は丘の上に位置しており、メインストリート沿いにかわいらしいブティック、レストラン等が並んでいます。メインストリートは直線500mもないくらいなので散策もしやすい! 丘の上にある町から真っ青の海を臨む時間も心地いい時間になるはずです。

Yuri Kuranari「友達の家をめぐる旅〜イタリア編〜

パンテッレリーア

Photo Credit:Edicolante「シチリアの離島、パンテッレリーアへの案内♪ワインと海と温泉へ」

Photo Credit:Edicolante「シチリアの離島、パンテッレリーアへの案内♪ワインと海と温泉へ
パンテッレリーアはシチリア島から近い小さい島で、まさに「秘境」という言葉がぴったりな場所。島には飛行機か船で行くことができます。

オフシーズンは船や飛行機の数が少なくなりますが、一方でバカンスシーズンは人気のため満席に…。そして船は波が高い日は欠航になることもあります。

エトナ山の恩恵で島には温泉が湧いているので、ぜひ行ってみてください。こじんまりとした島なので、のんびり人目を離れ滞在を楽しみたいときにはかなりおすすめです。

Edicolante「シチリアの離島、パンテッレリーアへの案内♪ワインと海と温泉へ

シチリア島」へ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。