体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

富士山のユニークな展覧会! 1/22まで開催中

富士山のユニークな展覧会! 1/22まで開催中
J-WAVEで放送中の番組「FRUIT MARKET」(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「WEEKLY SUMMARY」。1月21日(土)のオンエアでは、富士山をモチーフにしたユニークな展覧会「富士山展β」を紹介しました。

「富士山展β」は、美術家やアニメーション監督、グラフィックデザイナー、建築家、レーベルオーナー、浅草の芸者さんやアイドルまで、さまざまな分野のクリエーター、総勢60名が「富士山」をモチーフにそれぞれのスタイルで作品を発表する展覧会です。

企画・運営を手がけている、スタートバーン株式会社の施井泰平さんによると「さまざまなジャンルのクリエーターが活動する中で、他の領域を知るきっかけになったり、コラボをするきっかけになれば」とのこと。「例えば、富士山の絵柄のスカートを履いている可愛い女の子や、文字だけで表現した富士山だったり、『もし富士山が噴火したらどうなるのか』というプロジェクトだったり、いくつもの方向から捉えられています」と解説してくれました。横山も「富士山をさまざまな視点から見られるというのも、面白い試みですよね」と興味津々でした。

さらに、この展覧会には、オークションに参加するという楽しみ方もあるそうです。しかも、少し変わったオークションだそうで…。

「全ての作品が購入できるのですが、通常のようなオークションではなく、誰がいくら入札したのかが分かりません。つまり、落札者をアーティスト本人が選べるというわけです。入札金額が最高額ではなくても、その人に売ろうと思えば売れる“逆指名型”です」とのことでした。購入する側が熱意を伝えれば、高い金額ではなくても買えるかもしれません。

「富士山展β」の開催は1月22日(日)まで! 会場は「AWAJI Cafe & Gallery」(千代田区神田淡路町2-4-6)です。番組では、そのほか、NTTインターコミュニケーション・センターで始まった「光と動きの『ポエティクス/ストラクチャー』」展を紹介しました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「FRUIT MARKET」
放送日時:毎週土曜 15時−17時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。