体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰もが納得? ネバヤン安部が似ていると言われる芸人

誰もが納得? ネバヤン安部が似ていると言われる芸人
J-WAVEで放送中の番組「ZOO ZOO ZOO」。この番組では写真家・奥山由之と、never young beachのフロントマン・安部勇磨がゆるいカルチャートークをお送りしています。1月20日(金)のオンエアでは、2人が番組初のリスナーからのメッセージに答えました。ここでは、その一部をご紹介します。

■僕も将来はモノを作っていきたいなと思っています。そこで質問なのですが、いろいろとアイデアを出して、あぁでもないこうでもないとやっている間に「あぁもう分かんねぇや!」となることがたまにあります。そんなときはどうしますか?

まず、「一回煮詰まってさぁ、どうでもよくならないとダメじゃない?」と安部。奥山も同意見のようで、最初は必要なモノ・必要じゃないモノをあまり考えずにアイデアを出して、一旦、間を置くと、冷静に判断することができるかもしれない、との持論があるようです。

安部は、曲作りで、数日を置いても「これでいいや」と思えるくらい良いモノだったら、そのままいくケースが多いそう。しかし、その一方で、いくら考えても出てこなかった歌詞が、歯を磨いているときや、お風呂に入っているときに、パッと浮かぶこともあるのだとか。

確かに、例えばいくら考えても解けなかった問題が、時間を置いてみるとあっさり解けてしまうという経験は誰にでもあるかと思います。モノ作りすべてに当てはまるかどうかはわかりませんが、“煮詰まったら、一旦、時間を置いてみる”というのは、取り入れてみるといいかもしれませんね!

■「これだけは、世界中で誰にも負けない」と思っている自慢話が聞きたいです。

この質問に奥山から、「『あの人に似てるね』って言われた中で、一番カッコよく喩えられた自慢しよう」という提案が出されました。これに安部は、自慢ではないけれど、「自分でも似ているなと思う人」として、お笑い芸人のPOISON GIRL BANDの阿部智則さんの名前を挙げました。これには奥山も「似てる!似てる!」と大きく納得。そのほかにも、山下達郎さん、大瀧詠一さん、野田洋次郎さん(RADWIMPS)が挙げられましたが、どれもなるほど、といった感じですね。

一方、奥山は「似ている人多い顔」だそうで、街で「ウエダさんですよね?」と声をかけられることもあるとか(笑)。と、ここで安部から「思い出したけど、ハダカデバネズミって言われたことがある」と衝撃の告白! みなさん“ハダカデバネズミ”をご存じでしょうか? 画像を検索してもらえればすぐに出るのですが、名前からして、似ていると言われると、なかなかショックな動物です(笑)。

「動物園とかの、光が当たらないコーナーみたいなのあるでしょ? 地下の地中コーナー。あぁいうとこにいるやつで…」と、淡々とハダカデバネズミの説明をする安部に、笑いが止まらない失礼な奥山でした(笑)。

番組ではこのほか、最近、歌詞が考えられないという安部のグダグダすぎる(笑)日常生活から、「人生で一番大変だった」という歌詞作りの話など、今回もここでしか聴けないレアなトーク満載でお送りしました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZOO ZOO ZOO」
放送日時:毎週金曜 25時30分−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc2/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。