体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関西から日帰りで行けるカップルにおすすめの人気温泉地12選!

白浜と並んで南紀を代表する温泉。岬の岩かげや島などいたるところに湯が湧き出すという、ユニークな温泉。島々や岬に点在する旅館では、港から宿までお客を送迎ボートで送り迎えする、勝浦温泉独特のロマンチックな情景が売りもの。

夜ともなると、黒くシルエットになった島影を背景に、湖のように波静かな湾内を赤や青の灯を点した船が行きかうさまは美しい。湾内の隠やかな風景とは対照的に、湾の外側は熊野灘の荒波に洗われた洞窟や絶壁の続く男性的な景観で、ホテル・旅館などもこの豪快な海景を楽しめる場所に建っており、部屋の窓からの風景は迫力そのもの。

ホテル浦島の大洞窟温泉・忘帰洞(ぼうきどう)は、広さ約千平米・高さ22m・穴の横から温泉が湧き出しており、熊野灘に向って大きく開いた景観は雄大そのもの。

また、ホテル中の島には、作家の藤本義一氏が名づけた潮聞の湯という露天風呂がある。出船入船がこの湯のそばを航行し、たいへん情緒のある露天風呂である。忘帰洞も潮聞の湯も、ホテルの宿泊客でなくても入浴できる。

◎忘帰洞(天然岩窟温泉)勝浦湾を抱く狼煙半島のほぼ全域を占めるホテル浦島の天然岩窟温泉。紀州藩主徳川頼倫がその景観に魅せられて帰るのを忘れたところから名付けられたという。海に向かってぽっかり穴をあけている大洞窟で、浴槽につかっていると磯に砕ける波がどどーんと身体全体にひびく。

\口コミ ピックアップ/

静かな港町で、都会とはかけ離れた場所ですが

リラックスできてよかったです

港には足湯などもあり、マグロもおいしくてよかったです。

(行った時期:2014年10月7日)

和歌山では、有名な温泉地です。

三重県との境にあり、温泉だけでは無く、那智の滝や熊野大社、くじらの太地町など

観光できる場所がたくさんあり、オススメの観光地だと思います。

ホテル浦島の、忘帰洞(お風呂)が有名です。

(行った時期:2014年11月) 勝浦温泉

住所/和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地2丁目3

「勝浦温泉」の詳細はこちら

十津川温泉

十津川温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_29449cd2110076931/photo/

二津野ダムのある温泉郷。ボート遊びやフナやコイ釣りが楽しめる。まわりの山々の深い緑を映して湖面は神秘な色をたたえている。湯は十津川の支流ぞいの下湯から引いている。下湯は元禄年間(1690年頃)に炭焼職人が発見したといわれている。

また上流には上湯があり,ここはいっそうひなびた温泉がある。下湯に向かう途中の谷川には,鉄線を張り「やかた」をのせた綱をたぐりながら渡る人力ロープウェイ「野猿」があって観光客に喜ばれている。 また、公衆浴場「庵の湯」には奈良県第1号の飲泉場がある。温泉施設はすべて源泉かけ流し。

\口コミ ピックアップ/

4つある温泉をゆっくり回りました。

足湯も楽しみながら温泉街を散策するのは最高にリフレッシュできます。

これからの寒い季節にまた訪れたいです。

(行った時期:2015年2月) 十津川温泉

住所/奈良県吉野郡十津川村平谷

「十津川温泉」の詳細はこちら

天橋立温泉

天橋立温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_26205cd2110151802/photo/

日本三景天橋立に湧く温泉。良質な温泉で、「美人の湯」として人気を集めている。

\口コミ ピックアップ/

日本三景の天橋立を楽しんだ帰りに最適ですね、特に歩いて天橋立を渡った後には汗を流せるので、駅ちかでとても便利な和風の温泉です。

(行った時期:2014年7月) 天橋立温泉

住所/京都府宮津市字文珠

前のページ 1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。