体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。

ポーランド出身の写真家、Klaudyna Shubertさんもおそらく同じことを考えたのでしょう。彼女のNY滞在中のトラベルレポートは、ひと味ちがいます。昨年の夏、人生で初めてニューヨークに訪れ、全力でその「日常」を捉えようとしたのです。

こんなニューヨークも、
ニューヨークなんだ

ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

旅をするのが大好きで、とにかくたくさんの旅に出るというKlaudynaさん。初めてアメリカを訪れたときは、西海岸を数週間ほど回ったのだとか。

そのときに、絶対またすぐ来ようと誓ったそうです。そして先日、ずっと行きたいと夢見ていたニューヨークについに降り立ったのです。ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

彼女が捉えたニューヨークは、どこかレトロで色彩が満載の、日常の風景。「旅行写真」というより「日常のヒトコマ」といった印象。

定番の観光地って
こんな感じなんだ

ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

自由の女神の写真って、きれいに像だけが入ってアップで撮られているものが多いですよね。意外に周りがどうなっているのか知らない人もいるはず。

自由の女神の島に上陸しないで見ると、こんな感じ。像を写真に収めようとたくさんの人がスマホやカメラを向けているのも、また味わいがあります。ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

お土産屋さんらしき人が、スマホをチェックする瞬間。

ニューヨークの街は
期待以上にパワフル

ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。ありのままのニューヨークなのに、なぜかすごく行きたくなる写真。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。