体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

USB Type-CのAndroid端末が増えてきたので、USB Type-C→Lightningの変換アダプタを購入

USB Type-C の Android スマートフォンと iPhone の両刀使いにおすすめな USB Type-C と Lightning 変換アダプタを紹介します。Android の USB コネクタは長らく Micro USB が主流だったので、iPhone を充電する際には Micro USB と Lightning の変換アダプタをよく利用していましたが、最近では USB Type-C を採用した Android が増えてきたこともあり、私のデスクからは Micro USB を持つ端末が徐々に減ってきています。そのため、今では Micro USB を見ない日もあります。そういうわけで今回、USB Type-C と Lightning の変換アダプタを新たに調達した次第です。今回購入したのは「Roiciel」というブランドの USB-C → Lightning 変換アダプタです。基本は USB Type-C の USB ケーブルを利用しつつ、iPhone を充電したい場合にこれを利用しています。Amazon での価格は 490 円とかなり安いものでした。製品はプラスチックボディのシンプルなアダプタで、特出するべき部分は特にありません。手元の iPhone 7 Plus はこれを使用して充電と PC とのデータの転送が可能だったことを確認しました。アダプタ上の USB Type-C の口は内部にストッパーが設けられており、USB Type-C のケーブルヲ接続するとカチッと音が鳴って容易に外れないようになります。けっこう安心して利用できます。ただ、今回紹介した商品は単体のアダプタなので、粗末に扱うと失くしてしまいます。その点はご注意ください。Source : Amazon

■関連記事
米Amazon、仮想的なDashボタンをショッピングサイトやモバイルアプリに導入
Huawei、4GB RAMを搭載した5.2インチスマートフォン「WAS-AL00」を開発中
Huawei、Honorブランドで6GB RAMやWQHDディスプレイ、デュアルカメラを搭載したハイスペックモデルを発売予定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。