体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

圧巻の最新作約130点が並ぶ、『草間彌生 わが永遠の魂』が国立新美術館にて開催。

01211
《いまわしい戦争のあとでは幸福で心が一杯になるばかり》 2010年

草間彌生の展覧会『草間彌生 わが永遠の魂』が、国立新美術館にて開催される。
会期は、2017年2月22日(水)から5月22日(月)まで。

絵画、彫刻、コラージュ、インスタレーション、映像、パフォーマンス、ファッション、野外彫刻、さらには小説や詩に至るまで、様々な分野での創作で、世界を舞台に活躍し続ける、前衛芸術家・草間彌生。
本展では、代表作の数々から貴重な未発表作品までを、過去最大級の規模で展示する。
さらに、2009年から意欲的に取り組んでいる大型絵画シリーズ「わが永遠の魂」から、厳選した約130点も初公開。天才作家はどのように歩み、現在何に取り組み、これからどこへ向かおうとしているのか……、初期から現在にいたるまでを余すところなく紹介することで、草間彌生に迫る。
また、無限に反復し増殖する世界を表現した「ミラー・ルーム」では、無数の小さな光が煌めく中で、鑑賞者自らが作品の一部になるような感覚を体験できる。屋外展示場には高さ4.5m、幅5mの巨大なかぼちゃが出現。写真を撮って楽しむこともできる。

国立新美術館開館10周年 草間彌生 わが永遠の魂
会期:2017年2月22日(水)~5月22日(月)
休館日:毎週火曜日 ※5月2日(火)は開館
開館時間:10:00~18:00
※金曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
会場:国立新美術館 企画展示室1E
住所:東京都港区六本木7-22-2

【チケット情報】
一般 1,600(1,400)円、大学生 1,200(1,000)円、高校生 800(600)円
※()内は前売り、または20名以上の団体料金。
※中学生以下無料。
※障害者手帳を持参者と付添者1名は無料。
※2017年3月18日(土)から3月20日(月・祝)までは高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
※前売券販売期間は2017年1月1日(日)~2月21日(火)。国立新美術館は1月11日(水)から2月20日(月)まで、2月22日(水)以降は当日券の販売。

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。