体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マリメッコの歴史を200点以上で振り返る。大規模展が渋谷で開催中!

01212
ファブリック『ウニッコ』(ケシの花) 図案デザイン:マイヤ・イソラ 1964年 Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

『マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル』が、渋谷・Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催中。会期は、2017年2月12日(日)まで。

1951年にアルミ・ラティアによって創業された、フィンランドを代表するデザインハウス「マリメッコ」。マリメッコの布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインを生み出してきた。その後、家庭用品やインテリアにまで展開され、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っている。

本展は、マリメッコの60年以上にわたる事業を振り返るというもの。約50点のファブリック、約60点のヴィンテージドレスをはじめ、アクセサリー、食器といった製品や、デザイナーのインタビュー映像、スケッチ、製品化過程の資料映像などをあわせた200点以上が展示される。また期間中には、アルミ・ラティアの人生を描いた2015年の伝記映画『ファブリックの女王』がBunkamura ル・シネマで上映される。
マリメッコの世界観を堪能したい。

『マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル』
2016年12月17日(土)~2017年2月12日(日)
会場:東京都 渋谷 Bunkamura ザ・ミュージアム
時間:10:00~19:00(金、土曜は21:00まで、12月31日は19:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:1月1日
料金:一般1,400円 大学・高校生1,000円 小中学生700円
※障害者手帳の提示で割引

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。