体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中どこでも水質検査が可能に!3Dプリンターで出力する安価な顕微鏡「OpenFlexure」

WaterScopeが開発した水質検査用顕微鏡世界自然保護基金(WWF)によると、世界で24億人の人々が、十分な衛生状態でないため、コレラや腸チフスなどの水系感染症などのリスクにさらされている。

人々の生命や健康を保護するためにも飲用水の水質検査は不可欠だが、既存の検査システムは高価なうえ、その利用に電力や専門スキルを要するなど、実用面でも課題が多い。

・3Dプリンターで“出力”する安価な水質検査用顕微鏡

OpenFlexureの組立前の状態英ケンブリッジ大学の科学者を中心とする研究プロジェクト「WaterScope」では、発展途上国などの遠隔地でも利用できる、小型かつ軽量な水質検査用顕微鏡「OpenFlexure」を開発した。

この顕微鏡は、筐体を3Dプリンタで“出力”し、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」と小型カメラを取り付けるシンプルな仕組み。

3Dプリンタ用データなど、その構築に必要なデータは、オープンソースとして公開されている。

「OpenFlexure」は、そのシンプルな仕組みもさることながら、検査パフォーマンスの高さも特徴だ。

従来の10倍も早い1〜2時間以内に、大腸菌やリステリア、レジオネラ菌、腸管出血性大腸菌O157などの細菌感染を検出できるという。

・水質検査ツールの普及により、人々の生命と健康を守る

「WaterScope」は、専門スキルを要さず、簡単に組み立て、操作できる顕微鏡「OpenFlexure」を、オープンソースで提供している点が秀逸。

世界のより多くの地点で水質検査ができる環境を整えることで、より多くの人々の生命や健康を守ることができそうだ。

WaterScope

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。