体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「元気な外資系企業」は何をしているのか?働き方も事業戦略も“想定外” 〜第1回 日本マイクロソフト

大きな変革の時代。企業でも、さまざまな取り組みが進む。では、海外に本社を持つ外資系企業では、どんな取り組みが推し進められているのか、探ってみる外資系特集企画。第1回は、日本マイクロソフトの「働き方改革」だ。

f:id:k_kushida:20170117195637j:plain

ほぼ100%の社員がテレワークを行っている

2011年2月から、都内7カ所に分散していたオフィスを段階的に品川に統合。以来、もうすぐ6年。このオフィス移転を機に、日本マイクロソフトが大胆な働き方改革を推進してきたことは、知る人ぞ知る事実となっている。オフィスの訪問・見学者は、なんとすでに83万人以上にもなる。経済界のみならず、政界、官界、地方など、幅広い分野から見学者が押し寄せているのだ。

一般社員が働くオフィスを見せてもらった。まず目に飛び込んでくるのは、いわゆるオフィス用デスクなどがずらりと並んだ無機質な空間とは対極にある、およそオフィスらしくない空間だった。まるで、海外のレストランのようである。

f:id:k_kushida:20170118113806j:plain

▲オフィスの中にある打ち合わせをするスペース。各机にはモニターが設置されており、カラフルな椅子が並ぶ。

f:id:k_kushida:20170118113833j:plain

▲オフィスの中央には円形の一人で集中して業務を行う部屋(ここでは会議や電話は禁止)

f:id:k_kushida:20170118113902j:plain

▲昼になるとランチスペースとして使われることも

f:id:k_kushida:20170118114924j:plain

▲ちょっとした打ち合わせ用のボックス席も(写真奥)

f:id:k_kushida:20170118115204j:plain

▲オンライン会議や長めの電話を行うための個室

カラフルな色使い、さまざまな形、大きさ、種類のテーブルやデスク。椅子のタイプもさまざまで、デスクチェアもあれば、ハイチェア、カフェ風のソファ、ボックスシートもある。個室も用途別に用意されており、4人ほどで会議をする部屋からテレビ電話用の部屋、上司と部下で面談するのにぴったりの部屋、さらには一人でとにかく集中して仕事ができる部屋、なんてものもある。コーポレートコミュニケーション本部 本部長の岡部一志氏はこう語る。

f:id:k_kushida:20170118115510j:plain

日本マイクロソフト株式会社 コーポレートコミュニケーション本部 本部長 岡部一志氏

「基本的にフリーアドレスです。ロッカーは決まっていますが、社員は社内のどこで働いても構いません。引っ越し当初は6割ほどがフリーアドレスでしたが、今は8割を越えています」

ITインフラには、マイクロソフトのクラウドサービス『Office 365』をベースにした基盤が使われている。ビジネス用スカイプ(Skype for Business)が組み込まれているため、固定電話が必要なくなった。固定席もなくなり、社員はどこでも働けるようになったのだ。

こうしたインフラが整ったことで、会社に来ないで仕事をする在宅ワークやテレワークが可能になった。会社もそれを推奨。時間に縛られないフレキシブルな働き方ができるようになった。子育てに活かせることはもちろん、毎週水曜日は在宅勤務をする、介護の心配もあり来週は故郷で仕事をする、自宅のほうが集中できるので今日は自宅で仕事をする、海外出張の合間に帰国するのは大変なので海外で仕事をしてくる、などさまざまな働き方が実践されているという。岡部氏はいう。

「ほぼ100%の社員が、会社以外の場所で仕事をするテレワークを行っています。1カ月に1度も使わない、という人はほぼいないと思いますね。週に1回から3回くらいが多い。もちろん、会社に来なければ仕事ができない職種もありますが、逆に会社に来なくてもできる仕事もあります。会社としては、しっかり結果を出してもらえれば、基本どこで仕事をしてもらってもかまわない、という考え方です」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。