体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Huawei、Honorブランドで6GB RAMやWQHDディスプレイ、デュアルカメラを搭載したハイスペックモデルを発売予定

Huawei が 6GB RAM やデュアルカメラを搭載したハイスペックな 5.7 インチスマートフォンを Honor ブランドで展開しようとしていることが分かりました。中国の工信部ではこのほど、「DUK-TL30」という型番のハイスペックスマートフォンが認証を取得しました。認証情報に掲載されているスペックを見ると、Android 7.0 Nougat、5.7 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの液晶ディスプレイ、2.4GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、6GB RAM、128GB ROM、1,200 万画素 x2 のデュアルカメラ、800 万画素のフロントカメラ、3,900mAh バッテリーと、非常に高いスペックを備えています。Honor ブランドは比較的安い機種が中心ですが、最近では Honor 8 といったフラッグシップ相当のスペックを備えた機種も投入されるようになってきました。そして、今回の DUK-TL30 は歴代の Honor スマートフォンで最上級のスペックを備えています。Source : TENAA

■関連記事
Huawei P10のレンダリング画像、デュアルカメラとLEICAロゴは健在
Android Payは近々PayPalカードでの決済とVISA Checkoutに対応
Google Play開発者サービスv10.2にWi-Fiタブレットのテザリング利用の手間を省く「Instant Tethering」機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。