体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロンドンの中心にある世界の秘宝が見れる大英博物館に行こう!

ロンドンの中心にある世界の秘宝が見れる大英博物館に行こう!

Photo credit: Mari Torochacha「大英博物館で国宝発見

こんにちはCompathy MagazineライターのMari.kです。
大英博物館に行ってきました。大きな柱の入り口の迫力や中の広さに圧倒される見所満載の博物館でした。ロンドンに来たならまずは大英博物館は行きたい場所の一つですよね。ロンドンの中心にあるのでアクセスも簡単です。今回は私の大英博物館の見所や内部を写真でご紹介します。

大英博物館とは? 

わかりやすく言うと世界中から集められた宝物が展示されている場所。なのですが、実はその貴重な品々は美術品、書籍、略奪品など800万点が世界中から収蔵されています。さらに、ここの博物館は世界最大の博物館の一つでもあります。アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカの文化や歴史がそのまま残っていました。見た感想としては一つ一つの品に説明書きが書いてあって、綺麗に保管されていました。

入り口で荷物検査をしよう

Photo credit: Mari Torochacha「大英博物館で国宝発見

入り口で荷物検査があります。中に持っていける荷物の大きさは40×40×50の大きさまでになるので注意しましょう。この日は手ぶらだったので私は検査は無かったのですが、上着などのポケットなど細かいチェックはなさそうでした。バッグを持っている人のみ中身のチェックがあったくらいです。もちろん荷物は預ける事ができるので下記にクロークの場所を記載してあるので確認してみてください。

大英博物館の世界各国のエリアと嬉しい施設設備

Photo credit: Mari Torochacha「大英博物館で国宝発見

本当に広くて迷子になってしまうほどのです。私は最初ローマ、ギリシャのエリアを見てから、エジプト、アジア、アフリカ、アメリカと回りました。どこのエリアも見所が満載だったのですが、一番衝撃だったのは本物のミイラがガラス一枚の近距離で見れたことと、日本の(*1)国宝「百済観音」(くだらかんのん)があったことでした。
*1 この国宝は昭和5年に複製されたものです。

フロアーガイドと音声ガイド

Photo credit: Mari Torochacha「大英博物館で国宝発見
入ってすぐフロアーガイドがあります。見て回っている間にも数箇所フロアーガイドは出てくるので、最初は頭に入れておくくらいで大丈夫でしょう。また、入って左手に音声付きの様々な国の音声ガイドがあるので英語が分からなくても一つ一つ理解して進む事ができます。位置情報も確実に知りたい方は入ってすぐにマップも販売されています。

カフェ・レストラン

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。