体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドウェイン・ジョンソン演じるDCコミックス悪役ブラック・アダム主演のスピンオフ映画化が決定

dwayne-johnson

映画『Shazam(原題)』で、ドウェイン・ジョンソンが悪役ブラック・アダムを演じることが発表された後、ニューライン・シネマとDCエンターテイメントは、続編に向けて同作を拡大することを決めた。

ニューラインは2014年秋に、同プロジェクトにジョンソンが出演し、ダーレン・レムケが脚本を手掛けることを初めて発表した。ニューラインはジョンソンとの協議の後、ジョンソン演じるキャラクターにフォーカスしたスピンオフ映画をDCユニバースの世界に加えることを決定した。

DCコミックスのキャラクター、キャプテン・マーベルとして知られるシャザム(Shazam)は、ビリー・バットソンという少年の分身だ。バットソンは、「シャザム」という呪文を唱えるとスーパーヒーローに変身する。ブラック・アダムはシャザムの宿敵で、ジョンソンは長い間この役に目を付けていた。

ニューラインは、スピンオフ映画の脚本家と監督をまだ決定していない。

ジョンソンは現在、米テレビ局HBOのテレビシリーズ『Ballers/ボウラーズ』シーズン3の撮影中で、ニューラインによるアクション映画『Rampage(原題)』の撮影が控えている。ザック・エフロンの相棒を演じるアクションコメディ映画『Baywatch(原題)』は、メモリアル・デイ(2017年5月26日)の週末に米劇場公開する。また、ケヴィン・ハートと共演した映画『ジュマンジ』の続編は、2017年12月に米劇場公開となる。

ジョンソンは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)と代理人契約を結んでいる。このニュースはハリウッド・リポーターが最初に報じた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。