体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超簡単!ツイッターで話題の「豆腐とツナのナゲット」つくってみた

超簡単!ツイッターで話題の「豆腐とツナのナゲット」つくってみた

 あまりに簡単なので「料理好きが見たら気が狂いそうな雑料理レシピ」との言葉を添えつつ、レシピを漫画で紹介したびすさん(@bith2dsgak)の「豆腐とツナのナゲット」。

 見かけたその晩即つくってみたら、あまりに美味しい上に癖になってしまったので、今回は一度つくった時に気づいたアレンジを加え、作り方を紹介したいと思います!

【関連:市販の「カレーパン」がほんの一工夫でカフェ風に!】

■材料

もめん豆腐:1丁(半丁)
タマネギ:1/2個(1/4個)
小麦粉:スプーン6杯(スプーン3杯)
マヨネーズ:スプーン2杯(スプーン2杯)
卵:1個(1個)
ツナ缶:140g(1個70g)

塩コショウ:適量

サラダ油
キッチンペーパー

<アレンジ材料>
上記の分量の半分に下記のものを加える。

大葉:5枚
ゴマ:スプーン1杯
醤油:適量

「豆腐とツナのナゲット」の材料

■作り方

1:お皿にキッチンペーパーを3枚ほど乗せてもめん豆腐を握りつぶし乗せる。700Wのレンジで1分加熱して水切りする。

木綿豆腐を潰してレンチン

2:加熱した豆腐はレンジから取り出して放置し冷ましておく。取り出した後にザルに上げて水分を切ってもよい。

3:タマネギをみじん切りにする。

4:3をレンジで火が通るまで加熱する(※この過程は元レシピにはありません)。

5:カレーなどを食べるスプーンを使い計量しつつ、小麦粉、マヨネーズ、卵、4のタマネギ、2のもめん豆腐、塩コショウをボウルに入れて泡立て器でよく混ぜて種をつくる。

ナゲットの種

6:少し深さのあるフライパンにサラダ油を5ミリ~1センチ程度入れて弱火にかける。

7:種を6に1滴だけ垂らして浮いてきたら準備完了。

8:種をスプーンですくい、別のスプーンで形を整えつつ油に流し入れていく。

9:きつね色になったら菜箸で裏返し、両面とも同じような色になったらキッチンペーパーに上げ余分な油を取ったら出来上がり。

揚げる

■お好みで

お好みでケチャップ&マスタードやレモン汁をつけたりしても美味しいですが、塩コショウの味付け次第ではそのままでも充分です。何といっても原材料が豆腐なので超ヘルシーなのにボリュームたっぷり。しかもフワフワ。 さらに、予め火が通っているので揚げ時間も気にせず、表面がカリッとしたらすぐに上げていいので調理時間も短くて済むのです。

ナゲットの完成

アレンジレシピのゴマ&大葉もサクサク感がアップして、とっても美味しいんですよ!
もちろんナゲットに合うのはビール!! 昼間から進む進む……!

今晩のおつまに何にしようかなー、という人は早速チャレンジしてみてくださいね。

・記事化協力:びすさん(@bith2dsgak

(貴崎ダリア)

関連記事リンク(外部サイト)

ある意味チャレンジメニュー 顎関節注意も促される超極太な恵方巻き登場
警視庁・災害対策課が災害時に役立つ「水漬けパスタ」紹介し話題に
「七草がゆ」は昔の人の知恵がつまった体調回復薬

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。