体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Stardew Valley』開発元が日本語版ローカライズ状況に言及

インディーゲームディベロッパー「ConcernedApe」は、開発を手がける農場生活RPG『Stardew Valley』の日本語版を含むローカライズ状況について言及し、「必要な作業はほとんど完了した」と発表した。

Here are some updates on a few things happening with Stardew Valley right now: https://t.co/NI0maaHQxR

— ConcernedApe (@ConcernedApe) 2017年1月19日

ConcernedApeが『Stardew Valley』の公式サイトにて公開した記事によると、現在はパブリッシャーのPlayismとともに本作をスペイン語、ブラジル語、ポルトガル語、ドイツ語、ロシア語、日本語、簡体字中国語に翻訳している。

2016年9月に行われた発表では、配信時期は2016年内にPC版リリースを予定としていたが、ローカライズされたバージョンのチェック後、より多くの作業が必要であることが明らかになったとのこと。現時点では「ローカライズに必要な作業はほとんど完了した」としている。

また、本作のパブリッシングを手がけるChucklefishが現在ローカライズバージョンのテストを行っており、2017年2月の初期にゲーム配信プラットフォーム「Steam」でオープンβテストを行う予定。ローカライズ作業自体は進行しているとのことで、今後の進展を待ちたいところだ。

『Stardew Valley』ゲーム内容

『Stardew Valley』は、『牧場物語』などに影響を受けた牧場生活RPGとなっており、現在はSteamにて英語版が配信されている。
 
Stardew Valley
 
Stardew Valley
 
Stardew Valley
 
Stardew Valley
 
本作は田舎の生活を楽しむRPG・シミュレーションゲームとなっており、都会の会社生活に嫌気が差した主人公が、田舎町の新しい住人としての生活を始めるところからスタートする。住人には畑が割り振られており、作物を育てることができる。そのほかにも町の住人との交友や結婚など、様々な関係を育むことができる内容となっている。

(関連記事)
牧場生活を楽しむRPG『Stardew Valley』日本語版が発売予定
『ゼルダ』や「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』は美しくもムズかしいアクションRPGだった
Steamで同人・フリーゲームを販売するには? 実際にやってみた資料が公開

関連記事:

牧場生活を楽しむRPG『Stardew Valley』日本語版が発売予定
名作インディゲームRPG『UnderTale』 公式日本語版が2017年配信予定
中毒者続出。ローグライクRPGとリズムゲーを組み合わせた異端児『ネクロダンサー』が神ゲーな理由

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。