体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメ車でサバゲー、最高です!【俺たち遊戯三昧】

カーセンサー本誌にて、車を自由に使いこなす遊びの達人たちを特集した「俺たち遊戯三昧」から転載。 今回はスタイリストの中島貴大さんが乗りこなす、ダッジグランドキャラバンに注目!

▲【ダッジ グランドキャラバン】アメリカにおけるミニバンの先駆け。写真は2000年式の3代目で、3列シートを備え、実用性は高い。日本ではクライスラー ボイジャーとして販売されていた(ダッジブランドがなかったため)

▲【ダッジ グランドキャラバン】アメリカにおけるミニバンの先駆け。写真は2000年式の3代目で、3列シートを備え、実用性は高い。日本ではクライスラー ボイジャーとして販売されていた(ダッジブランドがなかったため)

レアなアメリカ製ミニバンをかっこよく乗り倒す!

フィールドに溶け込む薄いベージュカラーのミニバンから、迷彩服を着た男がエアガンを持って飛び出してきた。どう見ても怪しい。だが、彼はれっきとした社会人だ(当たり前!)。しかも、職業はスタイリスト。意外である。

「もともとカモ柄のギアが好きなんです。そしてサバゲーも。本格的にやりだしてから、まだ2年くらいですけどね」と語る中島さん。サバゲー、すなわちサバイバルゲームは、かつてはミリタリーマニアが森の中などで興じていたが、近年は ゲーム人口の急増とともに専用の施設も増え、メジャーな遊びとして認知されている。

「ある雑誌で、『サバゲー合コン』なる企画のスタイリングを手掛けたのがきっかけ。一番の魅力は、見知らぬ人同士とチームを組んで仲良くなれることですね。そんなスポーツはなかなかありませんよ」

▲いかつくはないが、車幅があるため迫力がある

▲いかつくはないが、車幅があるため迫力がある

▲17年の年輪が刻まれたレザーシート

▲17年の年輪が刻まれたレザーシート

▲ステアリングもドレスアップ!

▲ステアリングもドレスアップ!

車のラゲージに目を移すと、サバゲー関連のものも含めて、カモ柄のギアが満載。アウトドアで快適に過ごすための家具も、素材やデザインを吟味した“いいモノ”が揃う。そうしたスタイリストならではのセンスは、車選びでも発揮されている。

「26歳のとき、人生で初めて買った車が、このダッジ グランドキャラバンです。古いアメ車に憧れていたので、左ハンドルは当然、レトロ感のあるボディカラーと3.8LのV6エンジンに惹かれました」

そして、たくさんの衣装を運ぶ仕事柄、広いラゲージも大いに役立っている。「インテリアの仕事で3人掛けのソファを借りたことがあったんですけど、ぎりぎり載ったんですよ!」

▲カモ柄をフォトプリントしたギアや収納ケースが満載。まとまり感のあるスタイリングは、さすがプロ!

▲カモ柄をフォトプリントしたギアや収納ケースが満載。まとまり感のあるスタイリングは、さすがプロ!

ところで、長く乗り続けてきたなかで、トラブルはなかったのだろうか。

「いろいろありました(笑)。修理費が100万円かかったこともあり、お金が貯まるまで3年間放置していましたっけ……」と、遠い目で語る中島さん。その間も普通に仕事をこなせていたというのが不思議だが、おおらかにして大胆な達人のライフスタイルには、車と楽しく暮らし、遊ぶためのヒントが詰まっている。

▲リアゲートにサバゲーチームのエンブレムなどを貼っている。着脱も自由

▲リアゲートにサバゲーチームのエンブレムなどを貼っている。着脱も自由ダッジ グランドキャラバンを探す▼検索条件ダッジ グランドキャラバンtext/櫻井香

photo/見城了

関連記事リンク(外部サイト)

ダッジ グランドキャラバンを探す

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。