体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒッピーを彷彿とさせる往年のデザイン!フォルクスワーゲンの新型マイクロバスがオシャレ

Volks1

ドイツの国民的自動車メーカー、フォルクスワーゲンが誇るマイクロバス、通称「ワーゲンバス」をご存じだろうか。1950年代に始まるT1(タイプ1)から現在のT5(タイプ5)に至るまで、各年代を代表する商用自動車だ。

なかでも、1960年代のヒッピーブームにはその平面な車体にカラフルなペイントが施され、その時代のアイコンともなった。

・電動マイクロバス「I.D. BUZZ」

Volks3

T1の発売から半世紀以上の時を経て、この特徴的なフォルムを持つ名車が、EV(電動)かつ完全自動運転車として生まれ変わるかもしれない。年明けに行われた米デトロイトモーターショーにて、同社が「I.D. BUZZ」として発表した。

I.D. BUZZは、同社が「新時代のマイクロバス」として位置付けるもの。ディーゼル車からEVへの大幅なシフトは、一昨年に発覚した排ガス規制不正スキャンダルのイメージを払しょくする狙いもあると思われる。

同社発表によると、一度のチャージで270マイル(約430km)の走行が可能。最大で8人乗りだが、シートを反転させて向かい合わせたり、2人用のラウンジシート仕様への変更ができ、また完全自動運転モードにも対応する。

・最新のテクノロジーを装備

Volks2

もう一つの大きな特徴は、車内に取り付けられた最新のソフトウェアだ。各ドライバーにフォルクスワーゲン独自のユーザーIDを連携させることで、個々のシートやエアコンのセッティング、お気に入りのラジオ局、音響、ナビや照明等の設定までも細かに記憶させることができる。

コンソール中央には多様な機能を備えたタブレットも装備。「augmented reality(拡張現実)」システムをも備え、前方に各種情報が投影される。また、バックミラーの代わりにカメラを用いた「eMirror」と呼ばれるシステムにより、後方が映像として映し出されることになる。

半世紀以上の歴史を持ちながら、最新の設備を兼ね備えた近未来のマイクロバス「I.D. BUZZ」。具体的な生産はまだ先になりそうだが、今後の動きから目が離せない!

I.D. BUZZ CONCEPT MAKES ITS WORLD DEBUT AT THE NORTH AMERICAN INTERNATIONAL AUTO SHOW IN DETROIT
Volkswagen’s new Microbus is even more ‘hippie’ than the original

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。