体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お笑い芸人が教えてくれる かなりコアな「福岡あるある」とは!?

今回お話を伺ったのは、アミーパーク所属のお笑い芸人「水町タカオ」さん。九州出身である水町さんが教えてくれる中々にコアな「福岡あるある」とは!?

0426-2

福岡の人間はラーメンよりうどんが好き

福岡出身ではない人間が思っている「福岡」のイメージとして「博多ラーメンが好き」というものがあるが、実際には、うどんの方がいっぱい食べられているんです、と語る水町さん。福岡の人間にとって、ラーメンはたこ焼きやお好み焼きに近い立ち位置であり、感覚的には主食ではない。その為、「お昼ご飯を食べよう」と言ったら、うどんであることの方が多いそう。柔らかいけれどコシがあるうどんこそが、福岡の麺類の中ではソウルフード。小さい子からお年寄りまで、みんなが食べているものなのだ。

もつ鍋屋なんて、昔はなかった

20歳の時に福岡を離れて東京に来た水町さん。水町さんが大学生ぐらいの時に、日本全体が不景気になり、それまでは「大トロだ」「神戸牛だ」という話題がグルメ番組で取り沙汰されていたのが、世間の流れが安いラーメンなどのB級グルメにシフトしていった。その中で、博多ラーメンと共にフューチャーされだしたのが「もつ鍋」。もともと福岡にあったのか、名店があったのかは分からないものの、テレビで取り上げられて以降、東京からやって来る観光客の為に急速に店舗が増えて行った。大学時代の水町さんの友達たちは、その多くがもつ鍋屋でアルバイトを始めたりしていて、「ねえ、もつ鍋ってどんな味なの?」という感じだったそうだ。

ラーメン屋のつまみは餃子じゃなくておでん

福岡の豚骨ラーメンというと、全てが「博多ラーメン」と一緒くたにされてしまいそうだが、実際には「博多ラーメン」と「久留米ラーメン」というものがあり、そのふたつは全く違うらしい。久留米市に界隈にあるラーメン屋さんは博多ラーメンとは全くの別物。博多ラーメンというのは、基本的にはラーメンを食べて「足りなかったら替え玉を食え」というスタイルなのだが、久留米ラーメンは、「じっくり飲みながらラーメンを食べる」ので、博多ラーメン屋にはアルコールがあまりなかったのだが、久留米ラーメン屋の場合は、酒もある為、おつまみとして一緒に食べる為に「おでん」が一般的なのだそう。

0426-1

ちなみに久留米ラーメンのおでんの特徴は、「汚い」ことなのだそう。味は美味しいのだが、ずっと放置されている上、どんどん勝手に取って、後で会計というスタイルの為、見栄えしない。その為、綺麗なおでんを見ると、「ああ、このお店もまだまだだな」と思わずにはいられないという水町さん。「汚くなって一人前」のような所があり、もしも福岡に行って、屋台でおでんを食べた時に、見た目が汚くても不安になる必要はないと教えてくれた。逆に、汚いことこそが美味いことの証なのだそう。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。