体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原因不明!? 元気なのに食べては吐いてをくりかえす息子。途方にくれた1週間

f:id:akasuguope01:20160927120748j:plain

を出しやすく、体調を崩しやすい次男。

そんな次男が1歳10ヶ月の時の出来事です。

ごはんもたくさん食べておやつも食べて、元気に遊んでいる途中に次男がコホコホと少し咳き込みました。

「あら。また風邪引いたのかな…」そう思った瞬間、次男は大量に嘔吐。

嘔吐は3回ほど続き、床一面に嘔吐物が広がりました。

急いで片付け、次男の体温を測ると熱は37.5度程度。

そんなに高いわけではありません。

次男自身も、吐いた後はケロリとして遊び出します。

そして私に、ごはんをちょうだいと言いだしました。

吐いたばかりなのに?!と驚き、「ごはんはだめだよ~またゲェしちゃうでしょ」と伝えると、その場で大泣きする次男。

ひょっとしたらさっきの嘔吐は何かの拍子で出てしまっただけかもしれない、と次男に再度ごはんを与えました。

驚くほどの食欲でモリモリ食べ進める次男。

こんなに食欲があるなら心配ないとホッとしたのも束の間、ごはんを食べ終わってすぐにまた大量に嘔吐したのです。 関連記事:1歳の誕生日が下痢と嘔吐で台無しに。ロタウィルス予防接種を受けておくべきだった!

私は大慌てで嘔吐を片付け、これは何かおかしいとそのまま小児科に駆け込みました。

小児科では熱も高くないこと、下痢をしていないこと、便の検査をしても異常ないこと、血液検査も異常ないことから原因が全く掴めませんでした。

医師も「うーん、何で吐くのかな…。元気もいいしな…」と原因が分からず困っている様子。

そのまま吐き気止めの座薬だけを貰い、帰宅しました。

帰宅後、さっき嘔吐したせいか、またごはんをちょうだいという次男。

今食べさせるとまた嘔吐するに違いないと思いましたが、それでもお腹空いたと泣き出す次男に仕方なくお粥を作って食べさせました。

しかし、お粥も完食した瞬間に全て嘔吐。

そして嘔吐が終わった瞬間からお腹空いた!何かちょうだい!と怒る次男。

正直こんなに嘔吐しているのに食欲があることが私には不思議で仕方ありません。

お腹空いたとうるさい次男に吐き気止めの座薬を入れるのですが、座薬を入れてもすぐに便をしてしまい、座薬が出てきてしまう始末。

やっぱりごはんを望む次男に消化のいいものを食べさせてはみるものの、口に入れたものは全て嘔吐するのです。

そして嘔吐後は必ず「お腹空いた!」とごはんを求めて大泣きします。

私は途方に暮れました。

お腹が空いていることを我慢させることはとても難しく、かと言って少量ずつ食べさせるのは気に食わず一気に食べたがります。

食べたらすぐに嘔吐。嘔吐した後はケロリとして、「ごはんちょうだい!」

私は嘔吐の処理と次男の食事に1日かかりっきりとなりました。

この、嘔吐しては食べさせるといったことは約1週間続きました。

嘔吐が続くので小児科にもほぼ毎日通いましたが、異常はなし。

医師も私もなぜ嘔吐がこんなにも繰り返されるのか結局分からないままでした。

私はと言えば、吐いては食べるといったことに「吐くなら食べないでよ!」と毎日毎日イライラしていました。

余裕がなくなり夫に「私は1日中嘔吐物片付けてるんだから、たまにはあなたが片付けて!」と、あたってしまうことも。

体調を崩しやすい次男に振り回されることには慣れているつもりですが、この食欲旺盛なのに嘔吐を繰り返す出来事は、1日中嘔吐処理に追われるだけでなく、食事作りにも追われますし、また汚れた服やシーツ・毛布を手洗いしたり、布団で吐けばコインランドリーで布団を丸洗いしたり、と体力的にも精神的にも本当につらかったです。

子供の体調変化に振り回される日々が今も続いていますが、精神的にここまで追い込まれたのは今振り返ってもこの時が1番だと思います。 関連記事:嘔吐が止まらず衰弱していく息子を救うため、初めて夜間急患センターへ!ところが病院に着いたとたん…

著者:かつどん子

年齢:30代

子どもの年齢:4歳・2歳

男の子2人のママ。毎日元気に走り回っている2人を後ろから必死に追いかける日々。趣味はドライブと食べること。週末は美味しいものを求めて家族みんなでお出掛けしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まさか!今まで普通に食べていたのに。突然すぎるアレルギー反応にパニック!
まさかうちの子が難病になるなんて。家族が一緒に笑えることの幸せをかみしめる
泣きすぎて息が止まってしまう!? 息子がエビ反りになって失神した「泣き入りひきつけ」とは…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。