体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの人のお宅拝見[2] 編集者・石川次郎さんのセカンドハウス(後編)

あの人のお宅拝見[2] 編集者・石川次郎さんのセカンドハウス(後編)

前編で紹介した、私が尊敬する雑誌編集長・石川次郎さんのセカンドハウスライフ。居心地の良いリビングで、若かりし日の住まい遍歴も伺った。1984年『CASA BRUTAS』創刊につながる“居住空間学”というテーマを、男性雑誌で実現した次郎’s センスに触れることができた。連載【あの人のお宅拝見】

住宅業界にかかわって25年以上のジャーナリストVivien藤井が、暮らしを楽しむ達人のお住まいを訪問。住生活にまつわるお話を伺いながら、住まいを、そして人生を豊かにするヒントを探ります。

アパートからセカンドハウスまで、多彩な住まい歴

河口湖のセカンドハウスに到着すると、次郎さんは手慣れた感じでスマホを操作。スピーカーからジャズが流れ、そこは大人の空間になった。【画像1】本日の選曲は、Chet Bakerのトランペットとボーカル。Bluetoothも使いこなす驚異の75歳!?(写真撮影/片山貴博) 【画像1】本日の選曲は、Chet Bakerのトランペットとボーカル。Bluetoothも使いこなす驚異の75歳!?(写真撮影/片山貴博)【画像2】富士山方面に、南向きのリビング。午後の優しい日差しが入ってきた(写真撮影/片山貴博)

【画像2】富士山方面に、南向きのリビング。午後の優しい日差しが入ってきた(写真撮影/片山貴博)

雑誌『POPEYE』『BRUTUS』『Tarzan』『GULLIVER』(マガジンハウス社)を次々に創刊、1970年代から新しい男のライフスタイルを提案し続けてきた次郎さん。なかでも住宅が専門の私としては、『BRUTUS』で取り上げた“居住空間学”というテーマの経緯に興味津々。

「ブルータスの創刊は1980年、僕が39歳のころ。まだ建築やデザインが一般男性誌のテーマになり得る時代ではなかった」

当時の男性は、やっと車からファッションやグルメにも関心が広がり始めた時代。まだ、住まい・インテリアには読者も企業も関心が向いていなかった。【画像3】「そのころ、NYや海外にいる友人は、身軽に転居しながら面白い暮らし方してたんだよね」。そんな触覚が『Casa BRUTUS』の誕生につながった(写真撮影/片山貴博)

【画像3】「そのころ、NYや海外にいる友人は、身軽に転居しながら面白い暮らし方してたんだよね」。そんな触覚が『Casa BRUTUS』の誕生につながった(写真撮影/片山貴博)

石川次郎さんは、東京・杉並区の生まれ育ち。お父様が建てた実家を空襲で失う経験も。

23歳で結婚独立された時はアパート借家住まいだったが、30代で面白い住生活体験をされていた。

「米軍将校用だった住宅が、神奈川県の中央林間に20軒ほど残っててね。120坪の大きな敷地に平屋。雑木林の中にニューイングランド様式(?)の家が並ぶ、そこだけはアメリカそのものだった」。気のいい大家さんと話がまとまり、面白がった友人たちと移り住んだ。

「編集者やカメラマン、イラストレーターの仲間だから『今夜は深夜0時に○○のサウナ集合!』って、都心から、その日の当番が運転するクルマで家に帰る。なんてことをやってたんだ(笑)」。聞いているだけで、次郎さん30代の息吹を感じるエキサイティングな日常。

「あの家の暮らしで、照明の大切さに気づかされたね」。アメリカンサイズの大きな空間を、スポットごとに演出するライティングの技を身につけられた。【画像4】リビングの一角にあるヨーロピアン・リゾートなコーナーは、スタンド照明で空間演出(写真撮影/片山貴博)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。