体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「全身仮想現実没入」への第一歩。

「全身仮想現実没入」への第一歩。

世界初の触感センサー付きVRグローブとシューズ「Taclim」が、世界最大のテクノロジー見本市「CES」に展示され注目されました。2017年秋頃に発売が予定されています。

仮想現実に“触れる”かのような体験。

「全身仮想現実没入」への第一歩。 「Taclim」を使うと、手足に細かい振動が伝わり、砂漠や草原、水辺を歩いているときのような体験ができるとか。ゲームのコントローラー(入力デバイス)として使用できるため、仮想現実に触れるかのようにして、実体験に近い感覚が味わえそう。AR(拡張現実)を使って対戦ゲームをしたら楽しそうだという声も。「全身仮想現実没入」への第一歩。

格闘ゲームなどのアクションやフィットネスのほか、スケート、山登りなどの疑似体験が可能になります。YouTubeでしか見られないようなエクストリームスポーツの感動だって、気軽に味わえちゃうかもしれません。

もし、インターフェースがどんどん身軽なものになっていき、身につけやすく進化していったら、最終的にはスーツに行き着くのかなーーと、勝手なイメージも膨らみます。たとえば、リゾート地へVR旅行して、肌で海風を感じられたらどうだろう…なんて。

開発をした「Cerevo」に聞いてみたところ、VRの未来としては、その可能性もあるとのこと。3年もかからずに、VRゲームセンターのようなアミューズメント施設が登場し、少しづつ導入されていくのではないかと考えられているようです。Licensed material used with permission by 株式会社Cerevo

関連記事リンク(外部サイト)

【動画あり】日常にVRが溢れた未来の世界「HYPER-REALITY」がスゴイ
今さら聞けない!話題の「AR・VR」ってどういう意味?
闘病中の子どもたちが、「ジェットコースター」を体験した!(動画あり)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。